うつのイライラ解消法~根本からスッキリ解消する秘訣~

あ~イライラする!!

なんだかよくわからないけどイライラする!!

人のちょっとした言動にも無性にイライラしてしまう!!

うつに苦しむ人には、どうにも収まらないようなイライラを感じたことのある人もいるかもしれないね。

さらには、その収まらないイライラを感じる自分に余計にイライラしちゃったり、時には悲しく、自分がなんて嫌な奴なんだ!と思えてしまった経験のある人もいるかもしれない。

イライラして、イライラして、ふと振り返った時にその自分が醜く見えて、「ああ、わたしってなんて嫌な人間なんだろう、、、」

そう思えてしまうと、とっても苦しいね。

さあ、こんな負のスパイラルからはどうしたら抜け出すことができるのだろう?

簡単にできるものを中心にして、根本からイライラを解消していく方法をお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

 木のイメージで根っこからイライラを解消!!

さあ、僕がうつにおけるイライラを解消していく上で意識しているのは「木のイメージ」

うつに悩む人の心がどんな状態にあるかと言ったら、ひとつ言えることは「自己肯定感」が低い状態にあるってこと。

自分を肯定することがうまくできない。

つまり、自分は大切な存在なんだと心から感じることができない、ということ。

でね、この自己肯定感って実は「葉や花」のようなもので、その元となるところには「幹や枝」としての自己承認や「根っこ」としての自己受容があるんだよ。

こんな風に「木のイメージ」を描いてみると、イライラ、さらにはうつを根本から解消しようと思ったら「根っこ」を育む必要があるってことがわかるよね。

だから、イライラを解消するためには、まず「根っこ」を育み、「幹や枝」を育んでいくんだよ。

さあ、まずは「根っこを育もう」

うつのイライラを解消する方法〈根っこ編〉

根っことなるのが自己受容なんだね!

自己受容がどういうものかと言ったら、すべてをまるごと受け入れるということ。

すべてをまるごと受け入れるというのは、一切のジャッジをすることなくそのままを全部受け入れることと言ってもいいよ。

或いは、ありのままを受け入れることとも言えるね。

自己受容ができるようになると、存在そのものを肯定することができるようになっていくんだ。

なんて言ったって、すべての存在を一切のジャッジをすることなく受け入れちゃっているんだからね。

こうして存在を肯定することが最初に一番大切なんだ。

ここができていると、次の自己承認も自己肯定もうまくいくんだよ。

それとともに、自然とうつもイライラも解消していくんだ。

さあ、まずは受け入れよう!!

自己受容のための具体的方法(はなまるをつけよう!!)

では、自己受容を深めるために、具体的にはどんなことをしていったらよいのだろうか?

僕がおすすめしているのは、すべてにはなまるをつけていくということ。

すべてがはなまるの存在なんだ、と思っていくんだよ。

とはいえ、最初っからすべてというのはなんだかよくわからないかもしれないね。

そこで、まず最初におすすめしたいのが、自分の存在にはなまるつけていくこと。

「私ははなまるの存在なんだ」って、そう思うだけでいいんだよ。

はなまるをつけるって言っても、存在はもともと素晴らしいものだから、ただそれを思い出していけばいいんだ。

イライラしている時も、それに関係なく「私ははなまるの存在なんだ」と思ってみるんだね。

思ってみるだけだから、一瞬でできるよ。

繰り返し「私ははなまるの存在なんだ」と思うことで、確かに私ははなまるの存在なんだと自分を受け入れられるようになっていくからね。

あなたははなまる

だから、大丈夫!!

ちなみに、次の自己承認との違いをはっきりさせるために言っておくと、自己受容は「いのち」そのものに意識を向けていることがポイント。

うつのイライラを解消する方法〈幹・枝編〉

さあ、次は自己承認だ。

根っことしての自己受容がしっかりとできていれば、この自己承認はスムーズに進めていくことができるよ。

自己承認というのは、自分の存在を認め、受け入れていくということ。

自己受容の受け入れに対して、よりはっきりと認識していくことになるんだよね。

すべてをまるごと受け入れていたものが、例えば「私は女なんだ」と事実を認識し、それを受け入れていく。

或いは、「私は日本人だ」と事実を認識し、それを受け入れていく。

イライラしている時であれば、「私はイライラしているんだな」と事実を認識し、それを受け入れていくんだね。

それ以上でもそれ以下でもないんだ。

この正確に認識するってことが大切!!

ちなみに認識だから、ここでも優劣はないということを加えておこうか。

「私は男だ」と認識し受け入れたとしても、それは「女よりも上」という意味は一切含んでいない。

「私は人間だ」と認識し受け入れたとしても、それは「犬よりも上」という意味は含んでいない。

ここに優劣といった比較を持ち込まないことは重要だよ。

もしも、比較を持ち込んでしまうのであれば、まずは自己受容から、とにかく存在そのものを肯定することからはじめることが必要かもしれないね。

自己承認のための具体的方法(イライラを認識し、受け入れよう)

では、今度は自己承認を進めていこう!!

イライラしている時であれば、イライラを認識していくってことが一番大切だよね。

そう、イライラしちゃって苦しいかもしれないけど、イライラしているからこそイライラをしっかりと感じていくんだよ。

では、その具体的方法をお伝えするね。

イライラしちゃっている時、まずそのイライラをちゃんと感じるんだ。

さらに、そのイライラしている自分を体を通して感じていこう。

イライラしている時、体のどこかに違和感のようなものはないだろうか?

違和感のようなものを見つけたら、それをはっきりと感じ、そこに意識を向けていこう。

その場所はどこだろうか??

その違和感の大きさや形も感じ取っていこう。

さらには色や質感まで感じ取っていくんだよ。

イライラの正体が形になって浮かんできただろうか?

こんな感じで、体のどこにイライラがあって、そのイライラがどんなものであるかをどんどん感じ取っていくんだよ。

これがイライラを認識していくことになるんだ。

実際に感情って体と結びついているものだからね。体を通して感じることでイライラの正体がハッキリと浮かんでくるはずだよ。

こうして認識するだけで、すでにイライラは収まっていると思うんだ。

そして、この認識のすごいところはコレだけじゃないんだよ。

こうやって、ちゃんと認識することは、すでにイライラを受け入れることにもなっていて、根本からイライラが解消し始めていることに気づくかもしれない。

自己受容によって漠然とした「いのち」そのものを受け入れ、自己承認によってより具体的な「私という存在」を受け入れることができてきたね。

うつのイライラを解消する方法〈葉・花編〉

さあ、いよいよ自己肯定感を高めていこう!!

自己受容、そして自己承認ができていれば、この自己肯定はスムーズに進めていくことができるよ。

自己承認は「私は人間だ」と認識し、その事実を受け入れることだったね。

自己肯定は「私は人間だ」と認識し、「ああ、生まれてきてよかったなぁ」とそれを肯定していくこと。

「私は女だ」と認識したら、「ああ、生まれてきてよかったなぁ」と肯定していく。

「私は大阪生まれだ」と認識したら、「大阪に生まれてよかったなぁ」と肯定していく。

「イライラしている」と認識したら、「そんな時もあるよね。イライラできるってことが生きてる証」と肯定していく。

もちろん、他と比較することなくただ肯定していくんだよ。

自己肯定のための具体的方法(どんどん自分を肯定していこう)

自己肯定は自己受容と自己承認がしっかりとできた上で、どんどん肯定的なアクションを起こしていけばいいよ。

いくつか紹介するね。

この肯定的なアクションには口にする言葉も含まれるよ。

良い言葉を口にする

基本的にポジティブな良い言葉を口にしていこう!

ありがとう。愛してる。うれしい。楽しい。はなまる。ついてる。感謝します。幸せ。最高。できる。ハッピー。ラッキー。

こういったポジティブな言葉をどんどん使うんだよ。

自然とポジティブな言葉が湧き上がるようになればイライラしなくなってしくよ。

笑顔になろう!

そして、どんどん笑顔になろう!

大切なことはまず笑顔になるってこと。

楽しいから笑顔になるんじゃなくて、笑顔になるから楽しい!!って感覚をどんどん追い求めていくんだよ。

笑顔になるだけで、どんどん楽しくなっていくからさ。

さらには、誰もいない場所でこそ笑顔になる、ってことが大切!!

つまり、ニヤニヤしちゃうんだよ。

誰もいないし、特別なことは何もないんだけど一人でいる時もニヤニヤしちゃうんだ。

これが自分の在り方を決めるよ。いつでも笑顔でいる!っていう。

笑顔が当たり前になっちゃえば、やっぱりイライラしない自分になっていくね。

姿勢を整える

姿勢を整えることも大切だよね!!

背筋をピンっと伸ばすんだよ。

そして、胸を開くんだよ。

たったこれだけでポジティブな気持ちが湧き上がってくるからさ。

自分を否定している人って、猫背でうつむきがちなんだよね。

一方、元気でエネルギッシュな自分を肯定している人って、背筋が伸びていて前向き、あるいは上向きの傾向があるんだよ。

これは明らか。

つまり、姿勢を整えていけば心も肯定的になっていくってことだよね!

イライラしている時も、姿勢を整えるだけでその自分を客観的に見つめられるようになるからね。

肯定的な人たちと付き合うようにしよう

誰と付き合うかってことは本当に大切なんだよ。

どうしても、今まで付き合ってきた人と仲良くしなくちゃいけないように考えてしまいがちだけど、本当に自分を変えようと思ったら、付き合う人を変えることが一番早い!!

毎日、愚痴ばかりを言い合うような、明らかにネガティブな人たちと一緒にいることが多いと思ったら、思い切って付き合う人を変えてみよう!

勇気はいるけれども、絶対人生変わるから!!

付き合う人が変われば、不思議なくらいイライラする機会が減っていることに気づくんだよ。

自然を感じよう

時には環境を変えるってことも大切だね。

イライラして何にも手につかないような時には、思い切って場所を変えてしまうのもいいよね。

特に自然を感じられる場所に移動できたら最高だね。

もちろん、できる時とできない時はあると思うけど、時々でも自然の中に出ていくと気分はスッキリ!!

イライラは解消しちゃうよね!

さあ、以上のことに意識的に取り組んでいくんだ。

もちろん、最初っからすべてのことに取り組む必要はないのだけど、自分が取り組めると思ったことから取り組んでみよう。

どの方法も、イライラしている時にやってみれば不思議とイライラは解消するし、普段から取り組めばイライラしない自分になっていくことができるよ。

スポンサーリンク

自己肯定感が高まっていくとうつの症状は消えていくよ

さあ、木のイメージをもとに、自己肯定感を根っこから高めていくんだ!

こうして自己肯定感が高まっていくと、イライラはもちろんのこと「うつの症状」のすべてがどんどん楽になっていくよ。

なぜなら、「うつ」って、結局は根底で「自分のことを大切な存在だと思えない」ことからはじまっているから。

自分のことを大切に思って、心の底から素晴らしい存在だと感じている人が「うつ」だっていうイメージはあまりないんじゃないかな。

「うつ」を患っている方とお話していると、心のどこかで自分を否定してしまっているんだよね。

だからこそ、根底から自己肯定感を高めるってことが大切!!

ぜひぜひ、自己肯定感の木を育んでいこうね!!

まとめ

・うつの人の心のは、自己肯定感が低い状態にある。

・自己肯定感が低い状態は「自分のことを大切な存在だと思えない」状態にあるということ。

・木のイメージを取り入れ、根っこから自己肯定感を育んでいこう!

根・・・自己受容

幹、枝・・・自己承認

葉、花・・・自己肯定

・自己受容とは、すべてをまるごと受け入れることであり、「いのち」そのものを肯定していくこと

・自己承認とは、ひとつひとつの事実を認識し、それを受け入れていくこと。

・自己肯定とは、ひとつひとつの事実を認識した後に、それを肯定していくこと。

・自己肯定感を根底から高めていくことができれば、イライラはもちろん、うつの症状すべてが和らいでいくよ。

スポンサーリンク

☆<無料>言葉の力で朝のスイッチを入れるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、幸せな毎日を生きることができる「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

うつに苦しむ方のための読む心の栄養補給

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする