筋肉が硬い!?体が硬い原因は普段使っている言葉だった??

体が柔らかい人っていいなぁ~

私ってどうして体が硬いんだろう??

私の体ももっと柔らかくならないかしら?

柔らかい体って憧れますよね!!

どうしたら柔らかい体を手に入れることができるのでしょう?

柔らかい体を手に入れるためにはまず硬くなっている原因を知ることが大切ですよ。

原因がわからなければ、何が必要なのかが何もわからないですよね。

だから、まずはその原因を知りましょう!!

スポンサーリンク

筋肉が硬いのは普段使っている言葉が原因!?

普段から、「私の体は硬い」と思っていませんか??

さらには、「私の体は硬いから」と言うことが癖になっていませんか?

私の体は硬いから

こんなに硬かったら柔らかい体なんて手に入りっこないわ

硬い、硬い、硬い、、、

ことあるごとに、自分の体を硬いと言っていませんか??

もしそうであるならば、体が硬いのはその使っている言葉が一番の原因となっているかもしれません。

こちらの動画をご覧くださいね。

見るだけでなく、ぜひ自分でもやってみてくださいね。

そうするとハッキリとわかるかもしれません。

硬い、硬い、硬い、、、

と口にするとだんだん体が硬くなってきますよね。

柔らかい、柔らかい、柔らかい、、、

と口にするとだんだん体が柔らかくなってきますよね。

どうして、口にする言葉によって体が変わってしまうのでしょうか?

それは、言葉によってイメージが生まれるからですよ。

例えば、「レモン」という言葉を聞けば「レモン」のイメージが浮かんできますよね。

仮に「レモンをイメージしないでください」と言われたとしても、「レモン」のイメージが浮かんでくると思うのです。

つまり、「レモン」という言葉そのものによってイメージが生まれるということ。

では、イメージが生じるとどうなるかと言ったら、イメージが浮かぶと同時に私たちの体も変化を始めるんですよ。

そのイメージの影響を受けた変化を始めるということ。

レモンをかじったことはありますか??

フレッシュなレモンを輪切りにして、それをかじるとジュっとレモンの汁が溢れ出てきますよね。

なんて言うと、、、

どうでしょう??

ひょっとするとレモンのイメージとともに、不思議と口の中に唾液が出てきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これがレモンのイメージの影響を受けた変化が体に起こり始めているということ。

実際にレモンを食べた時に起こる変化がイメージだけで起こってしまったんですよね。

人間の体って、このようにイメージによって変化するものなんですよ。

そして、そのイメージは言葉によって引き出されるものなんです。

なぜなら、言葉とイメージが結びついているから

さあ、この事実を知っておいてくださいね。

ここがわかっていると上の動画で紹介した「硬い」「柔らかい」の言葉による体の変化は特別なことではなくなってくるんですよね。

硬い、硬い、硬い、、、と口にすれば、筋肉が硬いイメージが湧き上がってくる。

すると実際に体の筋肉は硬くなりはじめるというわけ。

柔らかい、柔らかい、柔らかい、、、と口にすれば、筋肉が柔らかいイメージが湧き上がってくる。

すると実際に体の筋肉は柔らかくなりはじめるというわけ。

不思議ですね!!

不思議ですか??

でも、そういうものなんですよ。

だって、人間の体って、、、

脳から筋肉に指令が出ている

イメージによって体の筋肉が硬くなったり柔らかくなったりするのは、脳から筋肉に指令が出されることでギューッと硬くなったり、フワ~ッとゆるんだりするからですよ。

そう、人間の体の筋肉って単独で硬くなったりしているわけではないんですよね。

脳から硬くなるような指令が出されるから硬くなるんですよ。

もちろん、硬い状態が長く続けばその部位の血液の流れが悪くなって筋肉そのものが硬くなってくることはあります。

でもね、生きてる限りは脳からの指令の影響を受けているということが重要なポイント!!

脳から筋肉がフワ~っとゆるむような指令が出されれば、筋肉は柔らかくなりはじめるんですよ。

脳から筋肉がギューっと固まるような指令が出されれば、筋肉は硬くなりはじめるんですよ。

こんなお話を聞いたことはありませんか??

どんなに腰が曲がった人であっても、棺桶に入る時には必ず真っすぐ伸びるって。

*もちろん、完全に骨と骨がくっついて固まっている場合は別。それでも、全体は固まっているわけではないので体はそれなりに真っすぐに伸びるんですね。

そう、どんなに体が「くの字」になっていても体が真っすぐになるんですね。

「くの字」の棺桶って見たことがないですよね??

それは、腰が曲がって「くの字」になっていたことが、本当に腰の骨が曲がっちゃって曲がっていたのではなく、脳からそのような指令が出されて曲がっていたからなんです。

ちなみに、どうして「くの字」になるような指令が脳から出されていたかと言えば「防衛本能」ですよ。

体のあちこちに問題が生じて痛みがあるような場合、「くの字」になったほうが痛みが少なかったりするんですよね。

脳は自然と痛みなく楽に生きられるほうを選択します。

だから、「くの字」になったってわけ!!

いずれにしても、ここで大切なことは脳からの指令によって筋肉の硬さが決まっているということ。

そうであるならば、脳から緩むような姿勢を出させることができれば、筋肉は次第に緩み、体は柔らかくなっていくというわけ!!

スポンサーリンク

言葉の影響を受けていることがわかれば肩こり改善も簡単!!

筋肉が言葉の影響を受けて、体が硬くなったり柔らかくなることがわかってくれば、例えば肩こり改善も簡単に行うことができますよ。

どうしょうか??

私、肩こりだから。

子どもの頃から肩こりだから、肩こりは友達みたいなもの。

一生付き合っていくしかないわ。

なんて思っちゃったり、言っちゃったりしていませんか??

そんな方はこちらの動画をご覧ください。

動画では擬態語を使っていますが、これも言葉によって筋肉をゆるめているんですよね。

ちなみに擬態語というのはまさにイメージと結びついている言葉ですから、その影響力はすさまじいものがありますよ。

脳からの指令がパンッ!と切り替わりますからね。

この擬態語で肩をゆるめながら、普段の言葉も「私はやわらかい」「肩すっきり」「肩が気持ちいい」といった肩が楽ちんなイメージの言葉を使うようにしていけば、どんどん肩こりは改善しちゃいますよ。

言葉って、本当にすごいんですよ。

普段の言葉を体が柔らかくする言葉に変えませんか?

さあさあ、だんだん言葉の重要性がわかってきたのではないでしょうか。

とはいえ、こんな思いが湧き上がっている方もいらっしゃるかもしれません。

言葉が重要とは言え、体が硬い時には「体が硬い」ことが事実なんだし嘘をつくことはできない!!と。

肩こりがひどい時に「肩がスッキリ」なんて言えないし、ましてや「肩がやわらかい」と思うこともできない。

嘘をつけというのか?!

大体、柔らかいと思った時点で肩が硬かったらどうしてくれるんだ!!と。

そうですね。嘘をつくのは嫌ですよね。

でもね、決して嘘をつくことをお勧めしているわけではないのですよ。

言葉の力についてお話しているんです。

発した言葉があなたのイメージを決めます。

そして、あなたの意識にあるイメージがあなたの体の状態を決めます。

だから、体を変えるためにこそ言葉を変えましょう!!という話をしているんですよ。

つまり、体を柔らかい体に変える!という目的のもと「体が柔らかく」なるような言葉を使っていくことを提案しているんです。

と、こんな説明をしても、嘘をつくことはできない!という意見が聞こえてきそうですね、、、(笑)

そんな方は「比較」をしていることに気づいてください。

つまり、体の硬さを他人と比較しているから自分は硬いと考えなければいけないようになっているんです。

しかも、柔らかい人と比較しているからこそ自分はめちゃくちゃ硬いと考えなければならないのですよね。

そこで、「比較」をなくしてしまってくださいね。

そう、誰かと比較しなければよいのですよ。

或いは、もしも比較するのであれば以前の自分とだけ比較をしたらよいのですよ。

誰とも比較をしなければ、自分のことを「柔らかい」と言うことができます。

そこに抵抗があるならば、以前の硬い時の自分とだけ比較をすれば、少しでも柔らかくなった時に「今日の私は柔らかい」と言うことができます。

このようにして「柔らかい」と口にしていけばよい。

そうすれば、あなたの意識にあるイメージが柔らかいものへと変わっていきますよ。

言葉とイメージのすごさがわかってきたら細胞から体を変えよう

ひょっとすると、めちゃくちゃなことを言っているように聞こえるかもしれません。

でもね、ここに書いていることを実際に毎日実践していったならば、言葉とイメージのすごさがだんだんわかってくるはずです。

そう!!

確実に筋肉は緩んでいき、体は柔らかくなっていきますからね。

さあ、ここでさらに細胞レベルから体を変えていく秘儀をお伝えしましょう!!

これ、特別ですよ(笑)

前半部分は魔法の粉を使って体を変える不思議なものでしたね。

いや、怪しいものだったかな(笑)

後半部分はアファメーションについてお話しています。

このアファメーションが重要です。

「私は60兆の細胞すべてがはなまるであることに感謝します」

この言葉を魔法の呪文のように繰り返し唱えてみてくださいね。

毎日毎日、気づいた時でいいので唱え続けると、この言葉によって確実にあなたの意識にあるイメージが変化していきますよ。

どんなイメージかと言えば、60兆のはなまる細胞です。

はなまる細胞って何かと言ったら、「100点満点」のはなまる細胞ですから、その細胞は完璧に与えられた役割を全うしている細胞を意味するんですよね。

そう、すべての細胞が完璧に働いている

実際にこのイメージを持つようになると、細胞の働きは明らかに変わっていきますよ。

僕自身はこのイメージを描くようになってから体調がすこぶる良いんです。

しかも、日々よくなっている実感があるんですよ。

どうして、イメージだけで細胞の働きまで変わるのか??

それはね、もともと細胞は完璧に働く力を持っているからです。

もっと言えば、細胞によって構成された私たちの体も完璧に働く力を持っているし、私たち自身も無限の可能性に満ちています。

簡単に言っちゃうと、イメージによって私たち存在が完璧な存在であったことに気づいていくというわけ。

だから、イメージによって細胞レベルから変わっていくことができるんですよ。

不思議に感じましたか??

そうですね。

でも、イメージの重要性、言葉の重要性が少しでも伝わったならば僕はとってもうれしいんです。

さあ、今回のブログを読んだあなたはすでに細胞が活性化していることに気づいていらっしゃいますか??

まとめ

・柔らかい体を手に入れようと思ったら、まずは体が硬くなっている原因を知ろう!

・体が硬くなっているのは普段使っている言葉が原因だった。

~硬くなるような言葉を使っていれば、筋肉は硬くなっていく。

~柔らかくなるような言葉を使っていれば、筋肉は柔らかくなっていく。

・言葉によって体が変わるのは「言葉」と「イメージ」が深く結びついているから

・もしも体を柔らかくする言葉に抵抗があるならば、人との比較をなくそう。

・言葉の力がわかれば、肩こりだって改善できる!!

・言葉の力がわかれば、細胞レベルから体を変えることができる。

・魔法の呪文は「私は60兆すべての細胞がはなまるであることに感謝します」

☆<無料>言葉の力によって人生が豊かになるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、幸せな毎日を生きることができる「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子どもたちに贈る「はなまる絵本」

3歳児の自己肯定感を育むおすすめ絵本「はなまるライオン」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする