「在り方」とは。その意味を知って自分の在り方を考えてみよう

在り方って何だろう??

 

在り方とは、、、

 

 

 

在り方の意味について考えてみたことはありますか??

 

 

在り方の意味を辞書で調べてみると、、、

 

在り方とは

1 ある物事の、当然そうでなければならないような形や状態。物事の、正しい存在のしかた。

「会議の―」「福祉の―」

2 現にある、存在のしかた。ありさま。ありがたち。

「その消息 (あるかたち) 及び地形 (くにかた) の―を伺 (み) る」〈景行紀〉

             ~引用:goo国語辞書~

 

ということであるらしい。

 

 

ポイントとなるのは、「存在のしかた」ってところだね!

 

簡単に言っちゃうと、【自分がどうありたいのか】

 

これが「在り方」なんだよね。

 

 

スポンサーリンク

 

在り方がハッキリしていないと自分がブレてしまう

いつからだろうか、、、

 

僕は「在り方」を大切だと思うようになっていた。

 

 

 

生きていると、人って「成功したい!」と考えることがあるんだよね。

 

さらには、成功して、こんなことをして、あんなことをして、って、、、

あれやりたい!これやりたい!って思うようになるんだ。

 

 

僕も最初はそういう「あれやりたい」「これやりたい」ってことを追い求めていた。

 

そういう「やりたい」ことがなんでもできるような状態こそが理想的だとも思っていたからね。

 

 

でも、「あれやりたい」「これやりたい」ってキリがないんだよな。

 

「あれやりたい」って思ったことができるようになると「あれ」の先がやりたくなってくるんだね。

 

 

 

例えば、一度でいいから海外旅行に行きたい!!

 

そう思っていたのが、ついにハワイに行ったとなると、今度は他の国にも行きたくなったりする。

 

次はどこにしようかな~やっぱり南国だよな。

 

そうして何か所か南国に行くと、今度は、たまには寒い国もいいかもしれない。

 

なんてことを思い始めたりする。

 

よし!あそこに行こう!!

 

次はここに行こう!!

 

こんな感じで、一度でいいから行きたい!と思っていただけのものが、だんだんもっともっとになってくることがあるんだよね。

 

 

あれやりたい!これやりたい!ってさ、こんな感じで「もっと!もっと!」が湧き上がってくるものなんだ。

 

この「もっと!もっと!」は決して悪いものではなくて、これがあるからエネルギーが湧き上がってくるし「次はどうしよう??」っていうワクワクも感じられるんだけど、その一方で「もっと!もっと!」には何か満たされないものもあるんだよね。

 

 

そう、「もっと!もっと!」ばかりだと、いつまでたっても満たされる感覚がなくて、いつまでも「もっと!もっと!」で心が休まらないんだよ。

 

 

やりたいことをやっているはずなのに、どうして心が満たされないのだろう?

 

どうして心が休まらないのだろう?

 

一体、本当に自分が求めているものって何なんだろうか?

 

そんなことを思い始める人もいるかもしれない。

 

 

何か満たされないものを感じたとしたら、今のあなたに一番必要なものは「あれやりたい!!」の「やりたいこと」をすることではないのかもしれない。

 

 

じゃあ、何が必要なんだろう??

 

 

その時、必要となるものが、「在り方」なんじゃないだろうか。

 

 

「在り方」って【自分がどうありたいのか】ということだったね。

 

それは、どんな時であろうとも「私はこういう自分でありたい」ということなんだ。

 

 

どんな状況においても、どんな環境においても、「私はこういう自分でありたい」

 

どんな時にも「こういう自分である」ことができたならば、「こういう自分でありたい」という思いを常に達成できるようになるね。

 

つまり、満たしていくことができる!ってこと。

 

 

ここが「あれやりたい」「これやりたい」とは違うところ。

 

「あれやりたい」「これやりたい」って、あっち行ったりこっち行ったりだからいつまで経っても中心が定まらないとも言えるんだね。

 

でもさ、どんな時にも「こういう自分でありたい!」であれば、あれやっててもこれやってても「ありたい自分でいる」ことができることになるから中心が定まってくるんだ。

 

これがまさに「ブレない」ということ。

 

 

そう、在り方をハッキリさせることはブレない自分になるってことなんだ。

 

 

さあ、ここでまとめておこう!!

 

「あれやりたい!」「これやりたい!」の思いって大切なんだ。

 

これがあるからワクワクするしエネルギーも湧き上がってくる。

でも、これだけだと「あれやったりこれやったり」でだんだん自分の中心が失われ、ブレてきてしまうんだ。

 

そこで必要なのが「在り方」

「在り方」がしっかりしていると、あれやっててもこれやってても「こうありたい自分でいる」ことができる。

 

だから、ブレなくなる。

 

 

ブレない自分になるためには「在り方」が大切なんだよ。

 

 

さあ、どんな在り方で生きますか??

 

 

僕の在り方

僕はこういう自分でありたいと思っている。

 

何が起ころうともこういう存在として生きたいんだ。

 

 

ひと言で言うならば

 

「何が起ころうとも笑って生きる存在」

 

 

主体的に笑うんだ!!

 

これは誰かと一緒にいる時に、愛想を振りまくために笑顔でいるのとは違うんだよ。

 

むしろ、一人でいる時にこそニヤニヤ笑うんだ。

 

 

誰のためかと言ったら、自分のために

 

誰からなんと思われようと自分のために、どんな時も笑って乗り越える覚悟を決めるんだ!!

 

 

それができた上で、誰かと一緒にいる時もサイコーの笑顔で楽しくハッピーに過ごす!

 

徹底して主体的に生きる!!

 

徹底して主体的に笑う!!

 

 

これが僕の在り方

 

 

 

在り方を確立するために

さあ、「在り方」の意味もわかって、「在り方」について理解も深まってきたんじゃないだろうか??

 

 

さあ、自分の「在り方」決めてみませんか??

 

 

ここで、「在り方」を確立するために大切なことを伝えておくね。

 

 

きっと、こんなことを感じた人もいると思うんだ。

 

「在り方」が大切なことはわかったけれども、「こういう自分でありたい」と思ったところで簡単にそんな自分になれるわけがないよ

 

「在り方」なんて理想を掲げるようなものだ。

 

それを実際にやるのは難しいんだし、理想を掲げるだけじゃ意味がないでしょ!!

みたいなこと。

 

 

そうだね。

 

「在り方」を決めたところでそれをすぐに身につけることは難しいかもしれない。

でもね、それを掲げてそこに向かっていくことが大切なんだよ。

 

 

つまり、「在り方」ってのは1日で達成できるものではないんだよ。

かといって、ものすごく遠くにあるものでもないんだ。

 

 

例えるならば地図みたいなものかな。

最終目的地のある地図を持って生きると思ってごらん。

 

最終目的地が「こうありたい自分」

 

 

僕らは常にその最終目的地を意識して、そこに向かい続けることができるんだよ。

 

だから、日々、そこに近づいていくことができる。

 

 

日々、そこに近づくことができるということは、それは遠いものでもあるけど、日々近づくものであるとも言えるよね。

 

そう、「在り方」を100パーセント体現しようと思うと難しいかもしれないけど、昨日よりも1パーセントでも多く体現できるようになったならば成長した!ってことだ。

 

こんな感じで成長し続けたらいい。

「在り方」があるからこそ、こうありたい自分に向かって成長し続けることができる。

 

 

「在り方」のイメージは地図だ。

それがあることで、僕らは「ありたい自分」へと成長し続けることができる。

 

 

こんな風にして考えてみると、「在り方」を確立するために大切なことは、、、

 

決めること!!

 

 

そう、ハッキリと決めることなんだよ。

 

漠然とこうなりたいなぁ~

こうありたいなぁ~

 

なんて思っていたって、「在り方」が確立されることはないんだ。

 

 

「私はこういう自分でありたい!!」とハッキリと決めることが大切。

 

そして、決めたならば1パーセントでもいいからそこに近づくように意識すること。

 

さらに、実践すること。

 

これが大切!!

 

 

 

自分の在り方、決めませんか??

 

 

 

決めたならば言葉にしよう

「在り方」を決めたならば、それを言葉にして残しておこう。

 

ハッキリと決めるということは、「言葉」にすることができるってことだからね。

 

自分の言葉で残しておこう。

 

それを目に付くところに掲げておくと、素晴らしい人生の地図となるよ。

 

 

僕の場合は

こんな風にして残したってわけ

 

自分の「在り方」を体現するために覚えておきたいことを

 

 

まとめ

・「在り方」とは、存在のしかた。自分がどうありたいのか。

 

・「あれやりたい!」「これやりたい!」があるから毎日をワクワク楽しく過ごすことができる。その一方で「あれやりたい!」「これやりたい!」だけだと自分の中心がブレてしまう。

 

・「在り方」がハッキリとしていると、どんな時にも「こうありたい」自分であることができ、ブレなくなる。

 

・「在り方」を確立するために大切なことは決めること。

 

・決めた自分の「在り方」を言葉に残しておくと、それが人生の地図となる。

 

 

☆<無料>自分の在り方がハッキリとしてくるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、幸せな毎日を生きることができる「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

 

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

現在、こちらの配信は終了し、ツイッターで配信を行っています。

インスタグラムでも公開中

Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする