感動する話【実話】最愛の子どもからのクリスマスプレゼント

今回は、以前僕がとある小さなお話会で聞いたとても素敵なお話をご紹介したいと思っています。

小さなお話会で話をされていたのは中村美幸さんという方。

たまたまお誘いを受けて参加させていただいたお話会だったのですが、その内容があまりに素晴らしく、しかも感動的で涙が止まらなかったことを思い出します。

まずは、美幸さんがYouTubeにて「感動のお話」を公開されていますので、そちらをご紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

感動する話【実話】最愛の子どもからのクリスマスプレゼント

500日のクリスマスプレゼント

いかがでしたか??

きっと、深く心で感じるものがあったのではないでしょうか。

当時のレポート

以下はそのお話会を聞いた直後に書いたレポート。

きっと、温度の残っている時に書いたもののほうがその感動が残っていると思いますから、それをご紹介しますね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

中村美幸さんの「小さなお話会」にて、素敵なお話を聴くことができたんです。

本当に素敵なお話でした。

(以下、僕の言葉で心に残ったことを書いているので、少し表現や言葉が美幸さんのものとは違っているかもしれませんが、溢れ出てくる言葉で綴っていきますね)

美幸さんのお子さんが、ちょうどうちの息子と同じくらいの時期にお医者さんから宣告された

余命3カ月です、、、

という言葉。

僕の息子がもしそう宣告されたら、、、なんて思い浮かべてみたけど、想像すらできませんでした。

僕にはまったく、想像もできなかった。

でも、そんな体験からたくさんの気づきを得て、自分の人生をキラキラと輝いて生きている美幸さんのお話会。

心に、心の奥底に、ズシンと響いてくるものがありました。

根本のメッセージは「はなまる」でお伝えしていることと同じなんですよね。

でも、深さが違います。

リアルな体験からお話をしてくださるから、そこから滲み出てくるものが心に深く深く染み渡るんですよね。

かつ、ストレートに入ってくるんです。

ああ、魂を揺さぶられるって、こういう感じかぁ、、、と感じました。

一番、心に残った言葉は「失ったんじゃないんだよ。出逢ったんだよ」という言葉。

小児癌で500日間を生き抜いた我が子を失い、すべてを見失いかけた時に降りてきた言葉なんだそうです。

出逢ったんだよ

出逢ったんだよ

出逢ったんだよ、、、

僕も、出逢った我が子との時間を今まで以上に大切にしていきたい、そう思いました。

また、「存在=愛」についてもお話してくださったんです。

はなまるでは「存在にはなまる」と言ってるけど、この言葉を聞いた瞬間、はなまると愛が結びつくことを感じましたね。

息子さんがなくなった時、今でも記憶が戻らないくらいに辛くて苦しくてたまらない深い深い悲しみの中にいた、、、

そのことを思った時、ふと気づいたそうです。

生きているということ

存在しているということは

記憶がなくなるほどに深く誰かを悲しませたりはしない、ということでもあるんだ、、、って

生きているということはそれだけで愛を与えているんだ

生きているということはそれだけで喜びを与えているんだ

存在とは愛なんだ、って。

ああ、本当に、存在とは愛なんですよね。

生きている。

それ自体が愛なんですよね。

存在とは愛

存在とははなまる

僕らはどうしようもないくらいにはなまるなんだなぁ~

どうしようもないくらいにはなまるの存在なんだなぁ~

ああ、もう!!

このどうしようもないくらいにはなまるでどうしようもないくらいに幸せな人生を生きてやろうじゃないか!!って、そんなことを思いました。

スポンサーリンク

美幸さんのブログ(感動する話がいっぱいですよ)

こちらは美幸さんのブログ

↓↓↓

https://ameblo.jp/miyu-briller/

素晴らしいブログですから、ぜひご覧になってくださいね。

本当に涙なしでは読めないような感動する話に満ちています。

もちろん、実話。素晴らしいブログです。

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子どもたちに贈る「はなまる絵本」

3歳児の自己肯定感を育むおすすめ絵本「はなまるライオン」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする