うつで胸が苦しい時には、、、

うつで胸が苦しいことってあるかもしれないね。

胸が苦しいと呼吸も浅くなっているし、辛いよね。

さあ、こんな時はどうしたらいいんだろう??

スポンサーリンク

うつで胸が苦しい時には、、、

こんな時はやることははっきりしているよ。

それはね、手のひらで胸にやさしく触れるということ。

そう、そっとやさしく手のひらを胸に置くだけで大丈夫だからね。

たったそれだけ。

胸に手のひらを置いたら、そのまま手の温もりを感じてごらん。

ひょっとすると手の温もりは感じなくて胸の温もりを感じるかもしれないね。

どちらでも大丈夫だよ。

手の温もり、或いは胸の温もりを感じるんだ。

温かさってさ、生きてる証なんだよね。

君が生きているからこそ、手のひらや胸が温かく感じられるんだよ。

君の体には血液が流れているんだ。

その血液の流れをイメージしながら、体の温度を感じよう。

温かいね。

君は生きているんだね。

さあ、そうやって体の温もりを感じていると、生きているという実感とともに少しずつ呼吸が深くなっていくのを感じないだろうか??

そう、ただ手のひらをやさしく当てているだけで呼吸が深くなっていくんだね。

これがとっても大切なポイントだよ。

呼吸が深くなりはじめているのは君の胸のつかえがなくなりはじめている証拠。

胸をキューっと締め付け、苦しくしていたつかえがなくなってきているんだね。

だんだんだんだん胸の苦しさも和らいでくることが感じられるはずだよ。

さあ、少しずつでいいから呼吸を深く行ってごらん。

最初よりも呼吸が深くできるはずだ。

気持ちいいね。

そう、呼吸が深くできるって気持ちいいんだ。

そのまま呼吸を味わおう。

体の温もりを感じよう。

胸の和らぎを感じよう。

胸が苦しくなったって大丈夫だよ。

今日みたいにやさしく手のひらを当てたらいいんだよ。

君の手のひらには素晴らしい力があるんだ。

苦しくなったら思い出してごらん。

その手のひらにある素晴らしい力を。

大丈夫。

大丈夫。

大丈夫。

君ははなまるの存在だから。

スポンサーリンク

手のひらの力を思い出そう

胸が苦しくなった時、呼吸法を試したことのある人もいるかもしれないね。

でもね、本当に胸が苦しい時には呼吸そのものが苦しいのだから、呼吸を意識すればするほどに余計に苦しくなっちゃうことがあるんだよね。

君も経験したことがないだろうか??

呼吸法をやろうと思って頑張れば頑張るほどに苦しくなって、結局疲れてしまった、、、ということ。

そんな時はね、呼吸法ではなく手のひらの力を思い出すといいんだよ。

手のひらをやさしく胸に当てれば自然と胸の働きが高まってくるからさ。

胸の働きが高まってくれば呼吸も深くなっていくものなんだよ。

だって、働きが高まるということはそこにある筋肉がよく働くようになるってことだからね。

そうして、呼吸が深くなっていけば、胸の苦しさなんて消えちゃうんだよ。

さあ、苦しくなった時は思い出そう。

君の手のひらの素晴らしい力を。

うつに苦しむ方のための読む心の栄養補給

☆<無料>言葉の力によってうつが幸せ体質になるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、幸せな毎日を生きることができる「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする