うつは「甘え」ではなく甘えることも逃げることもできなかった結果

うつは甘えだ!!

うつは逃げだ!!

なんて言われることがあるんだよね。

もしも、君がうつで苦しんでいるのであれば、そんな意見に振り回される必要はないんだよ。

君は甘えてなんかいないよ。

逃げてもいないんだよ。

だからさ、これだけは言っておく。

「甘えてる自分はダメだ」とか「逃げてる自分はダメだ」とか、自分を責めるようなことは絶対しちゃいけないよ。

例え、有名な人が「うつは甘えだ」と言い切ったとしても、例え、君の信頼する人が「うつは逃げだ」と言い切ったとしても、君は自分のことを否定する必要はないんだ。

これだけは絶対に忘れちゃいけない。

君は絶対にダメな人間なんかじゃない。

君は頑張って生きているんだ。

スポンサーリンク

うつは甘えることも逃げることもできなかった結果

うつってね、実は甘えることも逃げることもできなかった結果なんだよ。

うつになりやすい人の特徴を挙げてみようか。

・真面目

・責任感が強い

・まわりの人の目が気になる

・感情をうまく表現できない

・完璧主義

といった特徴が挙げられるんだよね。

これを見て、まずは気づかないだろうか?

これって、甘える人の性格だろうか??

違うよね。

むしろ、甘えられない人の性格なんだよ。

何事も責任を感じてきっちりと仕事をこなしていく。

人にお願いされたことは断ることができず、ついつい引き受けてしまう。

なんでも真面目に言われた通りに完成させる。

最後の最後まで完璧になるまで手を抜けない。

人にお願いすることが申し訳なくてできない。

人に任せることが無責任であるように感じてできない。

嫌だとか辛いとか今の自分の感情を表現できずに我慢してしまう。

ちょっとでもさぼると誰かに見られている気がして手を抜けない。

仕事だとか役割を与えられると大体こんな思いを持ちながら取り組んでいくんだよね。

だから、、、

どんなに仕事をたくさん抱え込んでも自分で全部やろうとしてしまうし、それを人にお願いすること、つまり人にうまく甘えることもできずに自分で抱えて、さらには、その大変な状況にあることを誰にも相談することもできない。

ひたすら自分で抱え込んでしまうんだ。

ひたすら自分で真面目に取り組んでしまうんだ。

その結果、、、

限界が訪れる。

そう、うつだ。

これが真面目で甘えられない人のパターン。

もちろん、うつは逃げでもないんだよね。

だって、よく考えてみなよ。

無責任に逃げられる人であれば、ここまで自分を追い込んでしまう前にもう逃げているからさ。

そう、逃げることができていたら、うつになんかなりやしないよ。

逃げることもできなかった。

これが真実だ。

もしも君がうつで苦しんでいるとしたら、誰かに甘えることも逃げることもできなかったんだね。

そして、すべてを自分で抱え込んでしまった。

頑張ったね。

うん、頑張ってきたんだよ。

まずはその自分を褒めてやろうよ。

スポンサーリンク

甘えたらいい。逃げたらいい。

もしも今、うつで仕事にも行けず、ぼーっとした毎日を過ごしているとしたら、それは人生ではじめて上手に甘えることができているのかもしれないね。

そして、上手に逃げることができているのかもしれないね。

あれ??

最初に言ってたことと違うね。

矛盾を感じるかもしれないね。

君は甘えていない。

そして、逃げていない。

最初はそう言ったんだね。

うん、そうだよ。

君は甘え、逃げたからうつになったわけではない。

でもね、うつになったことで、今、はじめて上手に甘え、逃げることができているんじゃないか、と言っているんだよ。

君がずっとできなかったこと。

甘えること。

逃げること。

それが、うつになったおかげで初めて上手にできているのかもしれないね。

だからさ、甘えたらいいよ。

逃げたらいいよ。

今は甘える時だ。今は逃げる時だ。

甘える自分を認めていこう。逃げる自分を認めていこう。

そんな自分がいてもいいじゃないか。

ただし、「うつが甘え」だとか「うつが逃げ」だってことは誰にも言わせるんじゃないよ。

君は「うつのおかげ」で初めて上手に甘え、上手に逃げることができているんだ。

気が済むまで甘え、気が済むまで逃げたらいい。

だってさ、ずっと甘えられなかったんだよな。

人って甘える経験も必要なんだよ。

特に、幼少期に甘える経験をさせてもらえなかった人は、大人になってからでもいい。甘える経験は積んでおいたほうがいいんだよ。

甘えろ。

逃げろ。

そして、そんな自分を認めてあげるんだ

ああ、自分にも甘える気持ちがあったんだな。

ああ、自分にも逃げる気持ちがあったんだな。

でも、こんな気持ちを抱く自分も自分自身だな。

甘えたい時もあるさ。

逃げたい時もあるさ。

ってな。

まわりの意見に振り回されず、とにかく自分を責めるな!

最後にもう一度、大切なことを言うよ。

あのな、

絶対に自分を責めるなよ。

まわりの人が「うつは甘え」だとか「うつは逃げだ」とか言ったとしてもな。

もちろん、パソコン開いて「うつは甘えだ」とか「うつは逃げだ」とか書いてあってもな。

そんなまわりの意見なんか気にするなよ。

もしも口うるさく言われたならば、こう言えばいい。

『私は「うつのおかげ」で上手に甘え、上手に逃げることができるようになったんだ。うつが甘えなんじゃなくて、うつになった私が「上手に甘え」、「上手に逃げて」いるんだよ』

ってさ。

そして、自分を認めてあげるんだ。

例え、君が甘えているようにしか見えない状況にあっても、例え、君が逃げているようにしか見えない状況にあっても、その自分を認めてあげるんだ。

これも私。

こんな私もいるんだよ。

今日みたいな日を過ごすことだってあるさ。

こんな日があったっていいんだよ。

今はこの生活を楽しもう。

そう思ったらいいさ。

自分を認めてどうなる??

じゃあ、こうやって自分を認めていったらどうなるんだろうか??

これ、答えははっきりしているよ。

元気が湧き上がってくるんだよ。

人間、認められると元気が出るものだからさ。

結局、君は今まで自分を否定していたから元気が湧き上がってこなかったんだ。

でも、人って認められさえすれば元気がでるものなんだぜ。

君ははなまるだ!!

君は素晴らしい存在なんだよ!

覚えておけよ!

うつに苦しむ方のための読む心の栄養補給

☆<無料>言葉の力によってうつが幸せ体質になるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、幸せな毎日を生きることができる「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする