子どもとの接し方は子どもの人との関わり方から学ぼう

子どもとの接し方がわからない、、、

どう接してあげたらいいんだろう??

どう接してあげると子どもにとってよいのだろうか??

ふと、そんな疑問が湧き上がることがあるかもしれないね。

そんな時はどうしたらよいのだろう??

スポンサーリンク

子どもとの接し方は子どもの人との関わり方から学ぼう

子どもとの接し方がわからない時、まずは子どもの人との関わり方を知ることから始めよう。

なぜなら、子どもにも個性があって、一人ひとり人との関わり方が全く違うんだよ。

しかも、その関わり方には「良い/悪い」はないんだよね。

一人ひとりの子どもの人との関わり方がわかれば、その子とどう接してあげるのがよいのかわかってくるはずだよ。

だから、子どもの人との関わり方を知ろう。

関わり方には3つのタイプがある

人との関わり方には、大きく分けて3つのタイプがあるよ。

前回分けた3つのタイプに分かれるんだね。

MOON(月)

EARTH(地球)

SUN(太陽)

以上、3つのタイプだ。

3つのタイプについてはこちら

占いって好きですか?実は占いって上手に活用すると人間関係も円滑にしてくれるし、子育てにも役立つんですよね。占いって実はすごいんです!!今回は子どもの個性をと占いとを結びつけて上手に活用する方法をご紹介していきたいと思っているよ。

ちなみにこの分類はこちらで学んだもの

http://www.chara3mr.sakura.ne.jp

*ここでは分類の言葉を変えて表現しているよ

スポンサーリンク

人との関わり方に関する幼稚園での検証

これからご紹介する具体例は、実際の幼稚園での検証から分かってきたことなんだ。

さあ、今回の検証は

<初対面の大人への反応>について

幼稚園に大人が入って行った時の子どもたちの反応に違いがあったんですよね。

この検証から、人との関わり方の違いが見えてきますよ。

MOON(月)

近づいてきて、「何しに来たの?」「お名前は?」「どこから来たの?」と、まずは大人たちに質問をしていました。

それから、手をつなごうとしたり、服を掴んできたり、自然とスキンシップを取ろうとしていましたよ。

このタイプの分析

MOONのお子さんは「相手軸」なんですね。

だから、まずは相手を知ろうとするんです。

さらに、スキンシップも求めますよ。

そうして安心できると、今度は、自分のことも話し始めるんですよね。

このタイプの子どもとの接し方

質問してきたら、丁寧に答えてあげましょう。

スキンシップにも応えてあげると、とてもうれしいようです。

感謝や喜びの気持ちを伝えてあげると、より一層、喜んでくれますよ!

一緒に、楽しい時間を過ごしましょうね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

MOONのお子さんは

・「相手軸」

・スキンシップが大切

・よい関係を築くことを願っている

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

EARTH(地球)

最初から「私、鉄棒ができるようになったの!」と話しかけてきたり、「私、本が読めるの~聞いてくれる?」と自分から読みはじめたりしました。

自分のできることを、大人たちに見てもらいたいんですよね。

このタイプの分析

EARTHのお子さんは「自分軸」なんです。

だから、相手のことを知るよりも、まずは自分のことを知ってもらいたい。

「自分のことを認めてほしい」という思いが基本にあるんですね。

だから、このタイプのお子さんと接するときは、その子をしっかりと認めてあげるとよいですよ。

このタイプの子どもとの接し方

その子のできること、できたことに対して、具体的にしっかりと褒めてあげるといいですよ。

そうすると、自分のことが認めてもらえたと感じます。

目に見えることをしっかりと評価してもらいたいんですね。

べったりとはくっつかず、その子のペースを大切にしてあげることもとても大切。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

EARTHのお子さんは

・「自分軸」

・自分のことを認めてほしい

・できた事実を認めてあげましょう

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

SUN(太陽)

みんなが先生や大人たちのまわりに集まっている時にはいないのに、みんなが離れていった頃に突然、現われ、

「〇〇レンジャー」

「ガ――――――ビ―――――シャキーーーン!」

と擬音を交え、派手なアクションを見せつけます。

特に意味のある話はしていないのに不思議と一番印象に残っている、そんなタイプの子どもたち。

このタイプの分析

このタイプのお子さんは「気分軸」なんです。

だから、気分によって、表現の仕方もテンションも変わってきますよ。

華があるのでとても印象に残ります。

また、大物だ、という思いが根底にあるので、思いっきり褒めてあげると喜びます。

このタイプの子どもとの接し方

褒められるのが大好きです。

とにかく、「すごい!!」と褒めて、褒めて、褒めまくってあげると、喜びます。

自由に行動できるとのびのびとして本来の力を発揮するので、ただやさしく見守り、自由な行動を尊重してあげるとよいでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

SUNのお子さんは

・気分軸

・不思議と印象に残る

・思いっきり、褒めてあげると、喜ぶ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まとめ

それぞれのタイプの特徴がわかって、それぞれが求める接し方が違うということがなんとなくイメージできたのではないでしょうか。

だから、まずはタイプを知ることが大切なんですよね。

子どもが望んでいない接し方で関わっても空回りしちゃいますから。

そして、タイプを知るためには、人との関わり方を観察していくとよいですよ。

だんだんわかってきます。

この記事はこちらで学んだことをもとに書いていますよ。興味のある方、ぜひ、学んでみてくださいね。

http://www.chara3mr.sakura.ne.jp

3分類についてはこちらから詳しく知ることができます。

占いって好きですか?実は占いって上手に活用すると人間関係も円滑にしてくれるし、子育てにも役立つんですよね。占いって実はすごいんです!!今回は子どもの個性をと占いとを結びつけて上手に活用する方法をご紹介していきたいと思っているよ。

☆<無料>言葉の力で幸せな思考を手に入れるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、幸せな毎日を生きることができる「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする