捉え方を変える物語~様々な視点を知って自分の視点を変えよう~

さらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづささらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさんかくぇふこでづさらばんかさらばんかあふれふふれこふぇあふらきふれぽきくれふてうれむしでこゆらさんかゆらさん

スポンサーリンク

 捉え方を変える物語

例えば、上にあるような文章が刻まれた石板が、数千年前の遺跡から発掘されたとするじゃないですか。

すると、どんなことが起こると思いますか?

きっと学者は、この文章にはどんな意味があるのかと研究するじゃないですか。

でも、ひょっとするとこの石板は、数千年前にゴンザレス君がいたずらで適当に書いただけなんてこともあるかもしれません。

当時は近くにいたキャロラインちゃんが、

「おいおいゴンザレス君!石板にそんな変なこと書かないでよ!」って怒っていたかもしれません。

でも、そんな石板が現代に見つかったならば、何か特別な石板なんじゃないか、って一生懸命研究するんですよね。

さらに、その石板が発掘された場所の近くに、儀式に使われる道具がたくさん見つかったとするじゃないですか。

すると、、、

ひょっとするとこの石板、何かの儀式に使われたのかもしれない、なんて思うわけですよね。

つづいて、何か病気を治すようなものが近くに一緒にあったとするするとね、今度は、ひょっとするとこの石板は病気を治すために使われたのかもしれない。

ここに書いてある文字は何かの呪文なんじゃないだろうかって、現代の人は思うかもしれない。

じゃあ、この石板は誰かが病気になったときにそれを祓うための儀式に使われたもので、ここに書かれた呪文はみんなで唱えていたんじゃないだろうかって想像しはじめるんだよね。

もともとはゴンザレス君がいたずら書きしただけなのに、、、

でも、現代の人にとっては、これはこういう秘密があるんじゃないかって、めちゃくちゃロマンを掻き立てるものになっちゃうんですよね!

現代にあるものだって、1000年先の人からしたらそういうものかもしれません。

携帯とかパソコンとかテレビとか、未来の人はどんな想像を巡らせるんでしょうね。

もしもそこに取扱い説明書が見つからない時、どんな想像を巡らせるのでしょうか。

さて、こんな話をして何が言いたいかというと、どんなこともそれを受け取る人によっては全く違うものになるってことです。

住んでる場所が違い、文化が違い、生きてる時代が違えば、受け取る側、解釈する側によってその解釈されるものはどんなものにも化けるってことなんです。

このように様々な捉え方があるって知ることが大切なんですよ。

自分にとっては当たり前だからと決めつけていませんか?

あなたにとって当たり前なことを、知らない人やできない人を見てイライラしたり、怒鳴ったり、感情的になったりしていませんか?

時には、自分の物の見方を改めて、他の人の立場に立ってみるってこと、大切です。

想像力なんですよ。

想像力を養うためには、時には千年前の人になってみたり、時には千年後の人になってみたり、時には他の惑星の人になってみたり、そんな遊びも想像力を育んでくれます。

そうやっていろんな人の立場になるんです。

いろんな視点で考えるんです。

そもそも、あなたの見ているこの世界は、あなたしか見ていないのかもしれません。

違う人にとっては、全く違う世界が広がっているかもしれないのです。

スポンサーリンク

様々な視点を知って自分の視点を変えよう

さて、上の「捉え方を変える物語」を読んでみて、どんなことを感じただろうか。

様々な視点があるということを感じただろうか。

そして、視点が違えば、見ている世界すらも全く違うものになってしまうのかもしれない、ということを感じただろうか。

そうなんだよね。

それこそ、生きている時代が違えば、同じものが全く違うものとして捉えられてしまう。

また、同じ時代だとしても、住む国が違い、文化が違えば、やはり捉え方は違ってくる。

さらには、もっと身近な普段接する人たちであっても、時代や文化の違いほどではないけれども捉え方って違うんだよね。

大切なことは、一人ひとり、捉え方には違いがあるということを知ることだよ。

まずは知ることからはじまる。

そして、様々な捉え方があることを知ったならば、想像力を働かせて自分の捉え方を変えていくこと、或いは他人の捉え方を学びながら豊かにしていくことが大切なんだよ。

さあ、捉え方を豊かにしていこう。

☆<無料>言葉の力で豊かな人生を手に入れるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、幸せな毎日を生きることができる「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

ペップトーク普及協会講演講師

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする