苦しい!助けて!お願い!と言えない苦しみを解消する方法

苦しい!

助けて!

お願い!

と、誰かに助けを求めることができなかったり、弱音すら吐けないことってとても辛いことかもしれません。

そんな時はどうしたらいいんだろう??

スポンサーリンク

苦しい!助けて!お願い!と思う自分をちゃんと認めてあげよう

苦しい!助けて!お願い!

そう思ってしまったら、それを誰かに言ったほうがいいのか、言わないほうがいいのか、言わないことはダメなのか、と考えるよりも先に、そう思う自分をちゃんと認めてあげよう。

苦しい!助けて!お願い!

と思ってしまう自分をダメだと思ってはいないだろうか??

もしも、そんな自分をダメだと思っているとしたら、本来はどんな時にも自分の味方になってあげられるはずの自分自身が自分を責めてしまっているということ。

これでは、苦しくなってしまうばかりだよ。

まずは、自分責めをやめるんだ。

ハッキリ言って、自分責めは必要がないから。

そして、この自分責めはただのクセでしかないのだから。

まずは自分責めをやめること。

そのためには、苦しんでいる自分も、助けを求めている自分も、どんな自分もそのまま認めてあげることだよ。

苦しい!助けて!お願い!

そう思っちゃっていいんだよ。

そういう自分がいていいんだよ。

自分をそのまま認めてあげよう。

スポンサーリンク

自分を認めてあげることが一番大切!!

まず最初に「自分を認めてあげること」をお伝えしたんだけど、実は、、、コレさえ本当にできればすべての苦しみは解消してしまう。

本当に??

どうして認めているのに、私は解消しないの??

そう思う人もいるかもしれないけど、それは本当に自分を認めることができていないから。

わかりやすく言えば、「100%自分を認める」ということが大切なんだよ。

そこに一切の自分責めがなく、そんな自分でいいんだって心の底から認めてあげるってことが大切!!

とはいえ、「100%自分を認める」ってなかなかできないよね。

いいんだよ。

仮に100%自分を認めることができていなくても。

ここで必要なことは、「100%自分を認める」ことが大切だってことを知った上で、ちょっとずつでいいから自分を認める気持ちを深めていくこと。

そう、一歩一歩でいいんだ。

ちょっとずつ深めていこう。

そうして、自分を認める気持ちが深まった分だけ、心は楽になるよ。

弱い自分を受け入れよう

「自分を認める」ことの大切さが少しずつわかってきたんじゃないかな。

自分を認め始めるとだんだんわかってくることがあるのだけど、それは「弱い自分もいるんだ」ってこと。

自分を認めれば認めるほどに「弱い自分もいる」ってことがわかってくるんだ。

そう、認めれば認めるほどに「驚くほど弱くて小ちゃな自分」に気づくと言ってもいいかもしれない。

そこで、ぜひ意識してほしいことがこの「弱い自分」こそ受け入れていくということなんだ。

結局、自分を認められない人って、「弱い自分」を否定しているってことに問題があるんだよね。

「弱い自分」を否定していいるらこそ、自分を認めることができないし、ついつい自分を責めてしまう。

だからね、もしも自分を認める中で「弱い自分」の存在にも気づいたのであれば、ぜひ、その「弱い自分」こそ認めて欲しいんだ。

いろんな「弱い自分」が出てくると思うよ。

苦しいと弱音を吐きたい自分。

弱音を吐きたいのに吐くこともできない自分。

お願いすることを恥ずかしく感じる自分。

ただただ叫びたくなる自分。

誰かに救ってほしいと心の中で願っている自分。

いろんな「弱い自分」が出てくると思うのだけど、そのすべての自分が自分自身。

すべての「弱い自分」を認め、受け入れていくんだよ。

これができるだけでも、苦しみは随分と解消してくるからね。

さらには、「弱い自分」を認めたからこそ、時には「助けて」と人に言うこともできるようになってくるよ。

結局、「助けて」と言えないのは、それを言う自分に羞恥心があったり罪悪感があることに原因があるから。

助けを求めることは恥ずかしいことでもなんでもない

苦しい!

助けて!

と助けを求めたり、弱音を吐くことは少しも恥ずかしいことではないからね。

もしも恥ずかしいと感じているとしたら、それは自分自身が「弱い自分」を否定しているからかもしれないよ。

「弱い自分」を受けいれることができていないと、そんな自分を恥じてしまったり、情けないと感じてしまうことがあるんだ。

でも、そう思うのは思っている自分自身だけ。

まわりの人はそんなこと思ってはいないからね。

さあ、「弱い自分」も認めて、受け入れていこう!!

そこから本当の成長がはじまるよ。

最後に

強い人間って、「弱い自分」もしっかりと受け入れた人なのかもしれないね。

一見、強い人には弱みなんかないように思えるかもしれない。

でもね、本当に強い人は「弱い自分」をちゃんと認めて、受け入れているからこそ、「弱い自分」すらも魅力に感じさせてしまうものなんだよ。

弱い自分をなくすことが強くなることではないんだ。

弱い自分も受け入れられる強さを身につけていこう。

自分を愛する絵本『はなまるライオン』

自分を愛する絵本「はなまるライオン」

はなまるライオンの絵本は

まさに自分を愛するために

たくさんの人が自分を愛せるように

つくった絵本だよ

この絵本を繰り返し読んで

自分を愛していこう!

3歳のお子さんの自己肯定感を高めてあげたいと思ったら、『はなまるライオン』の絵本がおすすめです。小さな子に、理屈を伝えたってあまり意味がありません。そんなことよりも、はなまるの魔法で楽しく「自分の輝きに目覚める魔法」にかけちゃったほうが早いんですよ。子どもは無限の可能性を秘めている。魔法、かけちゃいませんか??

☆<無料>言葉の力で幸せな毎日を手に入れるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、今「ある」ものの喜びに目覚める「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする