苦しい!辛い!逃げたい!そう感じる今も振り返ればいい思い出に

苦しい、、、

こんなに苦しいなんて!

あの時に戻れるものなら戻りたい、、、

辛い、、、

こんなに辛い毎日がやって来るなんて!

あの時はあんなにも幸せな毎日だったのに、、、

逃げたい!!

どうしてこんなことになってしまったのかしら、、、

また以前のような幸せな毎日へと逃げてしまいたい!

苦しい!辛い!逃げたい!

そんな思いが湧き上がってくるとき、自分が置かれている今の状況がとても不幸なものだと感じられるかもしれません。

あの時はよかったな。

どうしてこんなことになってしまったのだろう?

ああ、あの時はよかったな。

あの時はよかったな、、、。

ところで、あの時はよかった、、、なんて思う時、本当にあの時っていいことばかりだったんだろうか??

スポンサーリンク

苦しい!辛い!逃げたい!そう感じる今も振り返ればいい思い出に

どうやら人間は、過去を振り返った時、幸せな瞬間ばかり覚えているようなところがあるらしい。

こんなことに気づいたことはないだろうか。

ちゃんと振り返ってみれば当時もとても大変な状況であったりするのに、なんとなく思い出すと「ああ、いろいろあったけど、あの時はよかったなぁ~」と思えてしまうこと。

特に仲間とともに困難を経験したような時、どう考えても当時の状況は過酷なものであったにもかかわらず、振り返って話をしていると「大変だったけど、あの時はよかったよなぁ~」なんて話していること。

辛くて辛くて辛くてたまらなかったあの日々が、振り返ってみるととても「あの経験があったから今の私があるんだ」と思えるかけがえのない経験であるように感じられること。

人って、過去を見つめる時、その美しい面ばかり見つめるものなんだよ。

それはつまり、過去の苦しい日々の中にも確かに美しい面があったということなんだ。

これ、ものすごく大切なポイントなんだよ。

どんな過去にも「美しい面」「明るい面」「楽しい面」があるということ。

ただ、人は、その出来事に経験している最中は「苦しく、辛く、悲しく、暗く、汚い面」に目を向けがちなんだよね。

どんな物事にも「明るい面」と「暗い面」とがあります。

あなたは物事のどちらの面に意識を向けていますか??

スポンサーリンク

物事には必ず「明るい面」と「暗い面」とがあるんだ。

物事には必ず「明るい面」と「暗い面」とがあるものなんだよ。

ただ、人は現在経験していることに対しては「暗い面」を見つめ、過去経験していたことに対しては「明るい面」を見つめる傾向があるらしい。

そこで提案!!

もしも幸せに生きたいと願うのであれば、今この瞬間から「明るい面」を見つめることを決めたらどうだろうか?

そう、「明るい面」と「暗い面」があることを知って決めることができれば、あなたは物事の「明るい面」を見つめて生きていくことができるんだよ。

それって、幸せなことだと思わないだろうか??

何を見つめて生きるか決めるだけ。

たったこれだけのことで幸せに生きることができるんだ。

最後に

幸せに生きるって、どういうことだろう??

それは、「幸せな毎日」がやって来るから幸せってわけではないんだよね。

実は、不幸だと感じている人と起こっている現実は特別違っているわけではないんだ。

にもかかわらず、どうして不幸と感じたり、幸せと感じたりするのだろう?

それはね、幸せに生きている人は、物事の「幸せな面」を見つめるクセがついている。ただこれだけの違いなんだよ。

幸せに生きる人は物事の「幸せな面」を見つめている。

ただこれだけ。

でもね、時々、「幸せな面」を見つめている人には神様がプレゼントを運んできてくれることもあるのかもしれない。

☆<無料>言葉の力で人生が豊かになるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、今「ある」ものの喜びに目覚める「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする