ペップトークは子育ての悩みやストレスが自然と解消する言霊術

あるお母さんは、子どもの皮膚にアレルギー反応が出ることを毎日毎日悩み、苦しんでいた。

またあるお母さんは、子どもが夜に泣くことを毎日毎日悩み、苦しんでいた。

前者のお子さんには、アレルギー反応以外の問題はなく、夜もぐっすりと眠っていたんだよね。

だからか、アレルギーさえ治ってくれたらもっと幸せなのに、といつも嘆いていた。

後者のお子さんには、夜に泣くということ以外の問題はなく、肌にも一度たりとも問題が出ることがなかったんだよね。

だからか、夜泣きさえなくなってくれたら安心できるのに、といつも嘆いていた。

ここから、あることに気づかないだろうか??

ないものねだりだってこと。

お子さんにアレルギーの問題があれば、お母さんはアレルギーさえなければと悩み、苦しむ。

お子さんに夜泣きの問題があれば、お母さんは夜泣きさえなければと悩み、苦しむ。

それぞれが我が子の「コレ」さえ解決してくれたら、、、と嘆いているんだよ。

でも、本当に「コレ」さえ解決したら問題はなくなるのだろうか??

仮に「コレ」以外の問題が生じたとしても、、、

そんなことはないよね。

きっと、「コレ」以外の問題が生じれば、その新たな問題に悩むことになるんだ。

人間って、そういうものなんだよ。

多くの人が何かしらの問題を見つけて、それに悩み、苦しむ。

だから、多くの人は悩みが尽きることなく、辛い人生を送ってしまうんだよ。

まずは、この事実に気づこう。

いつも問題を見つけて、そこに意識を向けてばかりだから、人生が辛いものになってしまうんだってこと。

スポンサーリンク

ペップトークは子育ての悩みやストレスが自然と解消する言霊術

子育てに悩んだり、ストレスを感じた時、ペップトークを知っているとそれを簡単に解消することができるんだ。

なぜなら、何かしらの問題を見つけて、それに悩み、苦しんでしまうのは、一言で言ってしまうと「クセ」だから。

そう、「クセ」なんだよ。

でもね、「クセ」であることがわかったならば、それは変えていくことができるんだ。

「クセ」は習慣からつくられるものだからね、いい習慣を身につけていけば自ずと「クセ」も変わっていくってこと。

じゃあ、どんな習慣によって「クセ」を変えていくことができるんだろう??

一番簡単で今この瞬間からはじめられる習慣が、「いい言葉を使う」ってこと。

そう、普段使っている言葉を今この瞬間から変えていくんだ。

そうして、言葉が変わるとあなたの意識が変わる。

意識が変わり始めると、物事を見る視点が変わるんだね。

今までは、我が子の「ここが悪い」と悪いところばかりに目を向けていたのが、「こんないいところもある」と良いところにも目を向けはじめるようになるんだよ。

さて、「いい言葉を使う」習慣を身につけるにはどうしたらよいのだろう?

そこでおすすめしたいのがペップトーク

ペップトークとは、もともとはスポーツの試合前に監督が選手を元気づけるために行っていた激励のショートスピーチ。

このスピーチは短時間で選手たちの心に火をつけるスピーチとして発展したからこそ、子育てに取り入れることで子どもを元気づけたり、時には自分を元気づける上で大きな力を発揮するんだよ。

そして、このスピーチ、スピーチとは言っているけれども、日常に取り入れれば「いい言葉の習慣化」になるんだよね。

ペップトークを意識して使い始めれば、普段使う言葉はどんどんいい言葉に満ちていき、それによって意識が変わり始める。

ついには、物事を見る視点が変わっていくんだよ。

物事を見る視点が変わった頃には自然と悩みやストレスも解消しちゃいっているからね。

さあ、ペップトークを学ぼう。

スポンサーリンク

物事の視点を変えるコツ『捉え方変換』

今回、ペップトークの中でも特に物事の視点を変える力がある捉え方変換』を紹介したいと思っているよ。

例えば、子どもにアレルギー反応が出ているお母さんであれば、「子どもにアレルギーがあることが最悪だ」ではなく、「問題がアレルギーだけでよかった」とか「アレルギーが本当に体にいい食べ物を教えてくれる」と捉えることができると気持ちが切り替わるよね。

或いは、夜泣きをする子どものお母さんであれば、「どうしてうちの子は夜泣きをするんだろう、、、」と思い悩むのではなく、「よく泣くことも子どもが元気な証拠!!」とか「アレルギーもなく健康に育っていることが幸せなこと」と捉えることができたら気持ちが楽になるよね。

このように、同じ事実であっても捉え方を変えれば、それは全く違った経験となり、湧き上がる気持ちも全く違うものになる。

これを『捉え方変換』と言うんだ。

ある事実を、全く違う視点から捉えてみるってことだね。

とはいえ、いざという時にそれをしようと思ってもなかなかできないかもしれません。

そんな時、日常から『捉え方変換』をして言葉を使っていくクセをつけていくと、自ずと視点は切り替わっていくものだよ。

さあ、今回は単語レベルから捉え方を変えてみよう!!

文章で考えると難しく感じる人もいるかもしれないけど、単語だったらイメージしやすいんじゃないかな。

捉え方変換をして言葉を使おう<例>

さあ、ここからは短めの言葉での『捉え方変換』の例を出していこう!!

日常生活においては、ここにある例をもとに使う言葉を変えてみてね。

おこりっぽい

→素直に気持ちを表現することができる

気が弱い

→やさしい

口が悪い

→正直だ

口が軽い

→嘘がつけない

さわがしい

→明るい

自分がない

→譲り合う心がある

地味

→素朴

責任感がない

→無邪気な

だらしない

→こだわらない

短気な

→情熱的

冷たい

→知的な

根暗

→自分の世界を大切にしている

反抗的

→自分の考えがハッキリしている

無口な

→話を聞くことができる

乱暴な

→たくましい

融通がきかない

→意思がしっかりしている

ルーズな

→おおらかな

わがまま

→自分を素直に表現することができる

図々しい

→堂々としている

さあ、どうだろう??

ざっと、短めの言葉で『捉え方変換』の例を出してみたんだけど、何も考えなければ、ある事実を目にしたときに上の言葉が湧き上がってくるかもしれないね。

そんな時、思ってしまった後でいいから、下の言葉(→の先の言葉)に変換してみるんだよ。

思ってしまった後でいいから、下の言葉に変換する。

気づいたら変換するということを繰り返し行っていくと、いつしか、下の言葉が自然と湧き上がるようになってくるからね。

さらには、視点そのものが変わることで、短めの言葉だけでなく、普段の会話でも最初の頃とは違った視点による捉え方をした言葉が湧き上がるようになってくるよ。

まずは、短めの言葉で『捉え方変換』をやってみよう!!

とにかく、実際にやってみることが大切!!

『捉え方変換』を身につけるだけでも、あなたのペップトーク力はグングン伸びていくからね!!

まとめ

・多くの人が何かしらの問題を見つけて、そこに意識を向けてしまうからこそ、人生に悩み、さらにはストレスまで感じてしまう。

もちろん、子育てに関しても同じこと。

・何かしたの問題を見つけ、そこにばかり意識を向けて悩み、苦しむことは『クセ』

・悩み、苦しむことが『クセ』だからこそ、「いい言葉」の習慣によって悩みもストレスも解消していくことができる。

・同じ事実であっても、視点を変え、捉え方を変えることによってそれは全く違った経験になる。

・同じ事実の捉え方を変えていくことを『捉え方変換』と呼ぶ。

・まずは、短めの言葉で『捉え方変換』にチャレンジしてみよう!!

以上のことを意識しながら、ぜひ、『捉え方変換』にチャレンジしてみよう!!

最初は頭を一生懸命使う必要があるかもしれないけど、慣れてくると気軽に『捉え方変換』ができるようになるからね。

『捉え方変換』によって、自分の視点そのものが変わった時、子育てにおける悩みやストレスも自ずと解消しちゃっているよ。

☆<無料>言葉の力で幸せな毎日を手に入れるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、今「ある」ものの喜びに目覚める「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする