ペップトークのコツ~言葉の力を知り、して欲しいことを伝えよう

風邪をひかないようにね

相手を気遣い、やさしい言葉をかけたつもりが、望まない事態を招いてしまった、、、なんて経験はないだろうか??

風邪をひかないようにね

と言えば言うほど、相手が風邪をひくようになる。

子育てをしているとよくあるのかもしれないね。

我が子が風邪をひかないように気遣えば気遣うほどに我が子は風邪をひくようになる。

ついには、うちの子ってどうしてこんなに体が弱いんだろう??

なんて悩み始めたりするんだよね。

でも、それ、原因はひょっとすると、相手を気遣ってやさしい言葉をかけた側にあるのかもしれません。

スポンサーリンク

脳は否定形をうまく理解することができない

実は、脳って、否定形をうまく理解できないって特徴があるんだよね。

輪切りにしたレモンを、、、

想像しないでください。

なんて言った時、輪切りにしたレモンを想像しないことはできただろうか??

きっと、すでに思い浮かべちゃっているんじゃないだろうか??

輪切りにしたレモンを。

言葉は「輪切りにしたレモンを想像しないでください」と想像しないことを表現しているはずなのに、どうして輪切りにしたレモンを想像してしまうのだろう??

ここに脳の秘密が隠されているんだよね。

脳は否定形をうまく理解することができない。

否定形をうまく理解できないということがどういうことかと言えば、脳は否定形をうまくイメージすることができないということ。

否定形がうまくイメージできないから、脳は「輪切りにしたレモン」を思い浮かべてしまうんだね。

この脳の特徴をしっかりと理解しておこう!!

さあ、この特徴がわかってくると、冒頭に出した「風邪をひかないようにね」という言葉の持つ力がわかってくるよ。

「風邪をひかないようにね」と言った時、どんなイメージが湧き上がるんだろうか??

もうわかるよね!

「風邪をひくイメージ」が湧き上がってくるんだよ。

イメージが湧き上がればどうなるか??

人って、不思議とそのイメージに向かってしまうものなんだね。

だから風邪をひいてしまうんだ。

スポンサーリンク

ペップトークのコツ~言葉の力をうまく使うには「して欲しい」ことを伝えよう

言葉には力があるんだね。

だからこそ、スポーツの世界においては監督が選手に向けて激励のショートスピーチを贈ることでそのモチベーションに火をつけることができる!

時に、たった1分程度のスピーチが試合の結果すらも左右するんだ。

さあ、この言葉の力をうまく使うためにはどうしたらいいんだろう??

とっても簡単な秘訣があるよ。

それは、、、「して欲しい」ことを素直に伝えるってこと!!

つまり、否定形を使わずに肯定形でストレートに伝えよう!ってことだね。

例えば、道路に子どもが走って飛び出しそうになっていたら、、、

飛び出さないで!!

ではなく

止まって!!

と伝える。

「飛び出さないで!!」だと子どもは飛び出すことをイメージしてしまうから、逆に危険な可能性があるんだよ。

そこで、「止まって!!」とストレートに伝えることができれば、子どもは止まることをイメージし、体も素直に止まることができるというわけ。

これが、言葉を自在にコントロールするペップトークのコツ

言葉には力があるからこそ、難しいことは考えたりせずに「して欲しい」ことをストレートに伝えよう。

そうすれば、あなたの思いはストレートに伝わり、相手も素直に動くことができるんだ。

「して欲しい」ことを伝えるペップトークの例

では、いくつか例をあげてみよう!!

きっと、「して欲しい」ことをストレートに伝えたほうがうまくいくってことがイメージできるはずだ。

ピアノの発表会当日

これから本番を迎える子どもにどんな言葉をかけてあげるだろう??

否定形で伝えると、、、

間違えたりしないように、緊張しないで!!

「して欲しい」ことを素直に伝えると、、、

今日までいっぱい練習してきたんだから、自分を信じて、落ち着いて弾こうね!!

どちらが本番で力が発揮できると思う??

少年野球での試合

バッターボックスに立つ子どもに何と声をかけてあげるだろう??

否定形で伝えると、、、

チームが負けないように、絶対、ミスするなよ!!

「して欲しい」ことを素直に伝えると、、、

みんな、○○のことを信じているからな!!思いっきりやってこい!!

どちらの言葉のほうが力を発揮できるだろうか??

受験当日

受験会場に向かう子どもになんと声をかけてあげるだろう??

否定形で伝えると、、、

マークシートを間違って塗らないようにね。名前、書き忘れないようにね。いつもと同じ場所、間違えないようにね。

「して欲しい」ことを素直に伝えると、、、

まずは名前をしっかりと書いて、落ち着いて取り組むんだよ。これまでやってきたことを信じて、一つひとつ解いていけば大丈夫だからね!!

どちらの言葉がけのほうが落ち着いて取り組むことができるだろうか??

まとめ

ペップトークのコツは、「して欲しい」ことを素直に伝えるということ。

言葉には力がある。

だからこそ、言葉の力を信じて、ストレートに伝えるってことが大切なんだね。

まずは、否定形を肯定形にすることからはじめるといいよ。

肯定形にするだけでも言葉のイメージがストレートに相手に伝わるようになって、あなたの思いがちゃんと届くようになるからね!!

して欲しいことを伝えよう!!

思いをストレートに伝えよう!!

☆<無料>言葉の力で幸せな毎日を手に入れるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、今「ある」ものの喜びに目覚める「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする