ペップトークは子供も喜ぶ言葉の魔法~言霊の力で幸せを引き寄せ

元気が出ない、、、

やる気が湧き上がらない、、、

なんだか気持ちがすぐれない、、、

気持ちがうまくコントロールできない時ってあるよね。

そんな時、言葉の力が役に立つんだよ。

昔から言霊って言ったりするよね。

言霊と呼ばれるのはまさに言葉に特別な力があるからなんだ。

この言葉の力をうまく使うことができると、元気を出すことも、やる気を出すことも、崩れてしまった体調を取り戻すことも、下がってしまったテンションを取り戻すこともできるんだよ。

もちろん、幸せだって、言葉の力によってグングン感じることができるようになるからね。

さあ、この言葉の力を最大限に活用するペップトークを学ぼう!!

スポンサーリンク

ペップトークは子供も喜ぶ言葉の魔法

ペップトークとは、もともとはスポーツの世界で監督が選手たちのモチベーションを一瞬にして引き上げるために行う激励のショートスピーチ!!

このスピーチはあらゆる人々のモチベーションを引き上げてくれるだけでなく、子供たちのモチベーションだって引き上げてくれるし、その心を喜ばせてくれるものなんだよ。

ペップトークで心が喜ぶのは、まさに言葉に素晴らしい力があるからなんだ。

特にポジティブな言葉というのは、その心を元気づけてくれるものなんだね!

うれしい!!

楽しい!!

ありがとう!!

幸せ!!

ハッピー!!

はなまる!!

ついてる!!

愛してる!!

こういった言葉は、その言葉を聞いただけで不思議と心が喜ぶよね。

子供は素直な心を持っているものだから、言葉の力をそのままに受け取ってくれるよ。

こんなポジティブな言葉を中心に使ったスピーチがペップトーク!!

スピーチとは言っても、普段の生活であればちょっとした言葉がけにもそれを取り入れることができるよ。

まずは、普段の自分が子供たちにどんな言葉がけをしているのか、思い出してみよう!

スポンサーリンク

ペップトーク例~日常生活における言葉がけ

さあ、どんな言葉がけをしているか、思い出すことはできただろうか?

ここで、普段の生活の中でのペップトークを知ってもらうために、例を出してみようか。

~勉強を嫌がっている子供に向けた言葉がけを考えてみよう!~

まずは、よくありそうな言葉がけから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あなた、どうして勉強しないの??

勉強しないとどうなるのか、わかってるの??

そのままだと次のテスト、また悪い点数よ!

次、悪い点数取ってきたら、もうお小遣い抜きだからね!!

早く勉強しなさい!!勉強!!

そんなところでくつろいでないで、早く勉強しなさい!!

もう、お母さんを怒らせないで!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんな感じかな?

或いは、もっと感情的になっているかもしれないね(笑)

次はペップトーク!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

勉強なんて嫌!!って思っちゃうこともあるよね。

お母さんもそういうことあったなぁ。

でもね、お母さんが初めて会社に勤めた時、突然やってきた外国人の方の対応をしなくちゃいけないことがあったの。

正直、「どうしよう??」って慌てちゃった。

でもね、その時、不思議と英語が私の口から出てきたのよ。

後から振り返ってみると、中学生の頃、一生懸命勉強した英語のフレーズだったわ。

「ああ、ちゃんと勉強しておいてよかったなぁ~」って、そう思ったの。

その時からね、勉強が自分の世界を広げくれるものだと感じるようになって、お母さんは勉強が大好きになっちゃったのよ。

あなたが今やってる算数は、あなたの世界をどんな風に広げてくれると思う??

自分の世界を広げてくれるって思ったら、ワクワクしない??

一度、その算数があなたの世界をどんな風に広げてくれるのか、お母さんと一緒に考えてみようか??

ワクワクするでしょう??

そして、そのワクワクする世界に向けて、最初の一歩を踏み出してみるのはどうかしら?

あなたなら必ず、算数の楽しさがわかるわ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんな風に言ってもらえたら、どんな気持ちが湧き上がるかな?

もしも、あなたがお母さんに声をかけてもらうとしたら、どちらの言葉がけがよいですか??

きっと、後者の言葉がけのほうがいい!!って方は多いんじゃないかな。

日常生活においても、ポジティブな言葉、ポジティブなメッセージ性を帯びた言葉がけしてもらえるとうれしいんだよね。

さあ、ペップトークを学ぼう!!

今回は、子どもが特に喜ぶペップトークをご紹介したいと思っているよ。

子供も喜ぶ3・3・7ペップ!!

子供も簡単に生活の中に取り入れることができて、しかも楽しむことのできるペップトークに3・3・7ペップというものがあるよ。

さっそくだけど、3・3・7ペップの例を出そう!!

<3・3・7ペップ>

できる!!できる!!必ずできる!!

前へ!!進め!!どんどん進め!!

伸びる!!伸びる!!グングン伸びる!!

受かる!!受かる!!絶対受かる!!

解ける!!解ける!!必ず解ける!!

こんな感じで3・3・7拍子のリズムでポジティブな言葉を刻むのが3・3・7ペップ!!

3・3・7ペップはリズムがあるからこそ、通常の言葉よりもより一層深くに浸透するんだよ。

だからこそ、言霊の力もパワフルになる。

そして、リズムがあるからこそ、楽しい!!

子供たちも喜ぶよ。

ぜひ、一度、子どもと一緒に作ってみよう!

3・3・7ペップ実例

ここで、3・3・7ペップの言霊で起こった素敵なお話をしようか。

<跳べる!!跳べる!!必ず跳べる!!>

走り高跳びの選手だった中学生の男の子のお話。

彼は本番の数日前、この<跳べる!!跳べる!!必ず跳べる!!>の言霊を教わったんだね。

そして、走りはじめる直前にこの言霊を思い出したんだ。

心の中で3・3・7拍子が聴こえはじめた、、、

跳べる!!跳べる!!必ず跳べる!!

跳べる!!跳べる!!必ず跳べる!!

跳べる!!跳べる!!必ず跳べる!!

言霊が心の中で繰り返される中、彼は走り出した、、、

そして、、、

ダンッ!!

彼は跳んだ!!

記録は、、、自己ベスト!!

そう、彼はその試合で自己ベストをたたき出すことができたんだ。

<跳ねる!!跳ねる!!ピョンピョン跳ねる!!>

僕のレッスンに膝痛のある女性が参加したときの話。

彼女は膝が痛く、曲げることができなかった。

でも、途中から本当はもう少し膝が動きそうな気配があったから(かばい過ぎているだけで)、跳ねるような動きとともに3・3・7ペップを取り入れてみたんだよ。

立った姿勢で跳ねるような上下運動。

実際に跳ねているわけじゃないから、膝を屈伸するようにして上下運動をすることになるのだけど、あえて膝を屈伸するとは言わずに

さあ!!ピョンピョンと跳ねるように動いてみましょう!!

跳ねる!!跳ねる!!ピョンピョン跳ねる!!

跳ねる!!跳ねる!!ピョンピョン跳ねる!!

跳ねる!!跳ねる!!ピョンピョン跳ねる!!

と言いながら上下の動きをしてもらった。

すると、、、あの膝が痛くて屈伸できないはずの女性が「跳ねる!!跳ねる!!ピョンピョン跳ねる!!」と言いながら跳ねていたんだよ。

そう、言霊の力でいつの間にか膝が動くようになってしまったんだよね。

そのことを指摘すると、彼女は驚いていた。

そして、帰る時には来た時とは比べ物にならないくらいいい姿勢で帰っていったんだ。

これが言霊の力であり、3・3・7ペップの力なんだよね。

さあ、我が子と一緒に3・3・7ペップを作ってみよう!!

楽しいだけじゃなく、不思議と力が湧き上がってくることを感じるはずだよ。

まとめ

・ペップトークとは、子供たちも喜ぶ激励のショートスピーチ。

ペップトークについてはこちらの記事にもっと細かく書いてありますよ

近年、言霊の力を本当に磨き上げていたのはアメリカだったかもしれません。スポーツ界を見る限り、日本は言霊を大切にしていたとは言い難い現状です。そのことがアメリカの強さの秘訣にも繋がっているかもしれません。言霊、思い出していきませんか?

・ペップトークは日常生活における言葉がけとしても使うことができる。

・子供たちも喜び、簡単に使えるペップトークに3・3・7ペップというものがありますよ。

・3・3・7ペップは3・3・7拍子のリズムに乗せてポジティブな言葉を使っていくからこそ、より一層意識の深いところに浸透する。

さあ、ペップトークを子育てにも使ってみませんか??

普段の言葉がけにペップトークを取り入れると、驚くほどに子どもとの関係が変わり、さらには子供が元気になって、勉強やスポーツに対するモチベーションもグングン高まっていきますよ。

ポイントは、楽しみながら。

楽しくペップトークを使っていこう!!

☆<無料>言葉の力で幸せな毎日を手に入れるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、今「ある」ものの喜びに目覚める「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする