リストカットする理由は「生きたい!!」という必死な思い

どうしてリストカットしてしまうんだろう??

きっと、リストカットをしている人にとっては「やめられない」という思いがあるだろうし、リストカットをした経験のない人にとっては「理解できない」という思いがあるんじゃないだろうか。

そして、「やめられない」ということもある意味、「どうして自分がやってしまうのかわからないからこそやめられないんじゃないだろうか。

そう考えると、リストカットしている人もしていない人もそれをどうしてやってしまうのかがわからないからこそ、いつまでも繰り返してしまう人が後を絶たないのかもしれないね。

スポンサーリンク

リストカットをしてしまう理由

リストカットをしてしまう本当の理由を僕が知ったのは、こちらの記事に書いた時にご紹介した16歳の女の子がキッカケだった。

↓↓↓

死にたい!助けて!そう思ったときが幸せのはじまり

ちなみに、僕自身はリストカットの経験はない。その立場からお話をしていこうと思っているよ。

彼女の言葉が僕にすべてを教えてくれた。

「リストカットの傷跡は、あなたが必死に生きようともがいた証拠。

リストカットは死ぬためにするんじゃない。

生きるためにするんだよ。」

      16歳の女の子の言葉

この言葉を目にしたとき、なんだか魂の奥底から声が聞こえてくるように感じたんだ。

「生きたい!!生きたい!!生きたい!!」

そうか、、、生きたくて生きたくてたまらなかったんだね。

生きたくて、必死に生きようとして、でも、どうしていいのかわからなくて、、、なんとか生きようともがいてしたことがリストカットだったんだね。

そう、リストカットをする理由「必死に生きようとしたから」だったんだ。

もちろん、血を見ると生きてる実感があるとか、リストカットをする細かな理由はたくさんあるけど、一番大切な知っておくべき理由って「必死に生きようとしているから」ということなんじゃないだろうか。

本当に死にたいからリストカットするんじゃないんだよ。

生きたくて生きたくてたまらないからリストカットするんだよ。

そして、誰かに気づいてほしいからリストカットするんだよ。

生きたい!でも、どう生きていったらいいのかわからない、、、誰か、助けて!!

その声なき声を聴くためにも知っておいてほしいんだ。

生きるためにこそリストカットはするんだってこと。

そして、もしもあなたの近くに苦しんでいる人がいるならば、こう声をかけてあげて欲しいんだ。

「苦しかったね。

頑張って生きてきたんだね。

もう大丈夫だよ。

独りじゃないから、安心して。

あなたは素晴らしい存在だよ」

間違っても、こんな風には言ってはいけないよ。

「どうしてこんなことをしたの??

もっと命は大切にしなきゃいけないでしょ!!

もっと頑張んなきゃ!!

頑張ってい生きなきゃ!!」

頑張っているんだよ。

必死に頑張っているけど、どうしてよいのかわからないから助けを求めていたんだよ。

人ってさ、わかって欲しいものなんだよね。

そして、気づいてほしいものなんだよね。

生きたい!!生きたい!!助けて!!

声なき声に耳を傾けよう。

魂からの声に耳を傾けよう。

スポンサーリンク

リストカットをしないためには

もしも「あなたは素晴らしい存在だよ」と言ってくれる人に出会えたならば最高だ。

僕も、そう言ってくれる人に出会えたことで人生は変わった。

↓↓↓

誰かまわりの人に対して、あるいは自分自身に対して元気づけるような言葉を贈りたいと思ったことはありませんか?ペップトークは一瞬で人を元気づけ、やる気を引き出してくれる言葉がけ。それは子育てにも役立つものなんですよ。

人ってさ、たった一人でもいいからすべてを受け入れてくれるような最強の味方に出会ったならばそれだけで救われるものなんだよね。

とはいえ、そんな最強の味方にすぐには出会えないという人もいるかもしれない。

そんな時は、自分で自分のことを大切な存在だと感じるためにも、自分で自分のことを労わってあげて欲しいんだ。

リストカットをしないために特別に頑張る必要はないんだね。

具体的にどんなことをしたらいいかと言ったら、「いのちの温もりを感じる」ってこと。

「いのちの温もりを感じる」んだよ。

そうすれば、自分で自分のことを大切な存在だと思う心が育まれていくんだ。

いのちの温もりを感じるには

いのちの温もりを感じるためには、実際に体に触れ、その温度を感じることが大切。

そう、温度なんだよ。

温度こそが「いのちの温もり」なんだ。

こんなお話があるんだよ。

昔、ある村で狼に育てられた野生児が見つかった。

野生児は村人たちを見るや暴れ出したので、その暴れる野生児を落ち着かせようとある村人は力によって押さえつけ、ある村人は優しさによって落ち着かせようとしたが、一向に野生児が落ち着く気配はなかった。

そこに一人の村人が温かい湯をためた桶を運んで来た。

そして、野生児をその温かい湯の中に入れてやったんだ。

すると、、、野生児は初めて穏やかな表情に変わり、鎮まったそうだ。

この話から言えることは、野生児に安らぎを与えたのは強さでも優しさでもなく、温かさである温度だったということなんだよね。

そう、人が本当に求めているのは強さでもなく優しさでもなく温かさなんだよ。

温かさとは、物質的なところでは「温度」なんだ。

生きている人間は温かいよね。温かいということが生きているということなんだね。

この「温度」を積極的に感じていくと、人は「いのちの温もり」を感じることができる。

それでは、2つの「温度」を感じる方法をご紹介しよう。

・手当て

・セルフハグ

この2つ。

・手当て

手のひらをやさしく胸にあててみよう。

そして、手の温もり、胸の温もりを感じていくんだ。

そのまましばらく感じていると温もりがはっきりとしてくるね。

今、感じている温もりこそが生きている証拠。

いのちの温もりなんだね。

味わうようにしっかりと温もりを感じていると、胸の奥にも温もりを感じるかもしれない。

そう、どんどんどんどん温もりが深まっていくんだ。

その瞬間の心を感じよう。

安らぎ、喜び、穏やかさ、心地よさ、幸福感が感じられないだろうか。

湧き上がってきた感情がまさにいのちの温もりによって得られる感情なんだよ。

その感情を大切にしよう。

こうして「いのちの温もり」を感じることを繰り返していくと、あなたの心が育まれ、あなたは自分で自分のことを大切な存在なんだと思うことができるようになる。

この自分で自分のことを大切と思えることが必要なんだよ。

あなたは素晴らしい存在なんだ。

そのことをしっかりと感じていこう。

・セルフハグ

自分で自分を抱きしめてみよう。

セルフハグと言うんだよ。

セルフハグによって得られるのは温度はもちろんのこと、「ハグ」というアクションによって自分への愛情を表現することができるんだね。

アクションによって愛情を表現することができると、自然と温かい愛情のこもった思いが湧き上がるようになるんだ。

あなたはセルフハグによって自分を抱きしめれば抱きしめるほどに自分を大切に思うようになるよ。

温かさによって心が育まれ、そこから自分を大切に思う心が生じるんだ。

セルフハグ、想像以上に効果があるはずだからやってみるといいよ。

自分を大切な存在だと思う心。

この心を育むんだ。

まとめ

・リストカットをしてしまうのは、生きたくて生きたくてたまらなくて必死に生きようとしているから

・リストカットをしないためには、いのちの温もりを感じることが必要

・自分で自分のいのちの温もりを感じることが、自分で自分のことを大切な存在だと思う心を育んでくれる

・いのちの温もりは温度を通して感じていったらよい

・いのちの温もりを感じる方法は

「手当て」

「セルフハグ」

・「手当て」や「セルフハグ」を実践することで自分のことを大切な存在だと感じられるようになれば、リストカットによって生きている実感を得る必要はなくなる

リストカットをしてしまうのは「生きたいからこそ」なんだよね。

でも、そんなリストカットも自分で自分を大切な存在だと感じられていればする必要はなくなるんだよ。

なぜなら、自分のことを大切な存在だと感じている人は「生きている」ことそれ自体に喜びを感じるからなんだ。

生きている。生かされている。

それ自体が喜びなんだね。

だからこそ、より一層いのちを大切にしていくんだね。

まずは、自分の体を通して「いのちの温もり」を感じることからはじめよう。

「いのち」がはなまるであることに目覚める受容のプログラム

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、幸せな毎日を生きることができる「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

↓↓↓

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<関連記事>

早く死にたい!!と願えば願うほどに死が遠ざかっていくように思えるのはなぜだろう??早く死にたいはずが不思議と生きる自分が浮かび上がってくるんだね。なぜかな?それはね、「いのち」がそこにあるからだよ。「いのち」ってな、はなまるだからね。
死にたい!助けて!そう思ったときこそが幸せのはじまりなんだよ。なぜなら、それはあなたの本当の思いが湧き上がってきたってことだから。そう、湧き上がっているんだよ。あなたの思いが、あなた自身が。その自分を受け入れることが幸せのスタートなんだよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする