だるい原因を知って疲れやすくやる気が出ない心と体を変える方法

体がだるい、、、

重たい、、、

疲れた、、、

やる気が出ない、、、

そう感じてしまう時ってあるよね。

そんな時って、体がある状態になっているんだよ。

でもさ、そのある状態ってのがどんな状態であるかがわかっていたら、その重たい心と体を変えていくことができるよね。

スポンサーリンク

だるい。重たい。疲れやすくなっている時の体の特徴

だるい。重たい。

そう感じている時って、一言で言っちゃうと血液の流れが悪くなっちゃっているんだよ。

血液の流れが悪いから、だるく重たくなって実際の体の動きまで鈍ってきちゃうんだ。

さらには、心までその体の影響を受けちゃうんだね。

ああ、やる気が出ない、、、ってさ。

じゃあ、そんな時にどうしたらいいのだろう??

それはね、血液の流れを良くしていったらいいんだよ。

血液の流れ、ちゃんと整えていますか??

血液の流れを改善する方法

血液の流れを改善するためにはどうしたらいいんだろう??

さあ、いくつか紹介していこうか。

下半身の血液の流れから改善していこう

まず、簡単に取り組めるものとしては「下半身の血液の流れを改善する」ってこと。

理由は、下半身って普段の生活においては体の下にくるところだからなんだよ。

血液は重力によって下に下がってくるからさ、下半身の血液は心臓に戻すためには重力に逆らわなくちゃいけないんだね。

だからこそ、下半身は血液の流れが滞りやすいんだ。

さらには、足先になると末端だからね、心臓から離れる分だけさらに滞りやすいってことになるよね。

これが足は血液の流れが悪くなりやすい理由。

そして、そこに濁った血液がたまりやすい理由。

ここの血液をちゃんと流していきたいね。

でもさ、ここの血液をちゃんと流すことができれば全身の流れだってよくなるんだよ。

なぜなら、全身は繋がっているんだから。

さあ、足から血液の流れを改善しよう。

その具体的方法は、、、

足湯

足裏マッサージなんてのもいいんだけど、今回は簡単にできる足湯を紹介しておこうか。

足を湯につけるためにバケツのようなものを準備しておこう。

そして、ちょっと熱めの湯を足の内くるぶしの真ん中の高さまで入れておく。

そこに両足をつける。

しばらく湯につけておくと片方の足だけが赤くなっているかもしれない。

その場合はもう一方の足も赤くなるまで湯につけておく。

途中、湯が冷えてく場合には差し湯を準備して湯が冷めることを防ごう。

しばらく湯につけておけば、両足ともに内くるぶしの真ん中の高さまで赤くなるはずだ。

これが、ちゃんと足が温まった証拠。

この足湯を毎日継続していくことで、血液の流れは確かに改善していくよ。

ちなみに内くるぶしの真ん中の高さで足湯を行うのは腎臓系に働きかけるため。

腎臓って体液をろ過してくれるところだからね。

血液の流れにおもいっきり影響を与えるんだよ。

だからこそ、腎臓をケアしてあげることが大切なんだ。

足湯を通して足の血液循環を改善し、さらには腎臓を整えていこう!!

自律神経を整えよう

血液の流れって、筋肉を動かすことと違って、流そうと思って流せるものではないんだよね。

じゃあ、この血液をどうしたらしっかりと流すことができるんだろう??

そこで登場するのが自律神経なんだ。

血液の流れってのは自律神経系によってコントロールされているんだよね。

だから、この自律神経系を整えていくことが、血液の流れを改善することに繋がっていくんだ。

さあ、自律神経を整えよう。

ゆっくり歩く

自律神経系を整えるためにお勧めしておきたいことが「ゆっくり歩く」ってこと

せかせかと歩くことが癖になっていないだろうか?

いや、歩くことに限らない。

普段の生活でせかせかと過ごすことが癖になっていないだろうか。

実は、この「せかせか」するってことが自律神経系を乱してしまうんだよ。

じゃあ、どうしたらいいのか??

ゆっくり歩き、ゆっくり動いたらいいんだよ。

リラックスして、自分のペースで、焦ることなく動いていく。

もちろん、そのスピードは人それぞれなんだけど、いずれにしても自分にとって心地の良いリズムで動いていくということ。

そうすれば、心は落ち着き、自律神経系も整っていくからね。

さあ、ゆっくり生活しようよ。

誰もあなたを急がせてはいないんだから

腹八分目

最後にもうひとつ紹介しておこう。

腹八分目にしておこう。

本当は、六分目くらいでもいいんだけどね。

いずれにしても大切なポイントは満腹になるまで食べ過ぎないってことだ。

内臓の疲れってのは血液の流れに影響を与えるからね。

だからこそ、ここが元気であることが大切!!

じゃあ、どうしたらいいか。

一番簡単に取り組めることは、腹八分目にすることだよ。

それが簡単ではない!!って??

大丈夫。決めればいいんだから。

腹八分目で食べ過ぎないようにしよう。

アドバイスをするのであれば、しっかりと噛むといいよ。

よく噛む。

そうすれば、さっき紹介した「ゆっくり動く」ことにも繋がるからさ。

スポンサーリンク

やる気が出ないのは血の流れが悪くなっているから

体って想像以上に心に影響を与えるものなんだよ。

だから、血の流れが悪くなっちゃっているとどうしてもだるく重たくなってくるものなんだよね。

それじゃあ、やる気だって湧き上がってこないんだ。

だって、やる気を出そうにも体が重たいんだから。

気持ちが重たいんだから。

そして、やり始める前からだるいんだから。

疲れちゃっているんだから。

さあ、血液の流れを改善していこう!!

今この瞬間から血液の流れを改善することを決めるんだよ。

そして、今日から、できることから取り組んでいこう!!

ひょっとすると、すでに血液の流れが改善し始めていることを感じているかもしれないね。

それって、気のせいじゃないんだよ。

さあ、血の流れを感じよう!!

まとめ

・だるい。重たい。疲れやすくなっている時の体の特徴

血液の流れが悪くなっている

・血液の流れを改善する方法

下半身の血液の流れを改善する

~足湯

自律神経を整える

~ゆっくり歩こう

食べ過ぎない

~腹八分目

血液の流れを改善していくことができれば、体は軽くなるし、心もどんどん軽くなってやる気が湧き上がってくるからね。

もしも、やる気が出ない、だるい、重たい、などと感じているならば血液の流れを整えることがおすすめ!!

さあ、血の流れを感じて、血液の流れを改善していこう!!

☆<無料>言葉の力で幸せな毎日を手に入れるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、今「ある」ものの喜びに目覚める「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする