過食と拒食の繰り返しに苦しむ人に読んでもらいたいメッセージ

過食と拒食、、、

この正反対とも思える2つを時に繰り返してしまうことがあるんだよね。

そこには体験したものにしかわからない辛さがある。

苦しみがある。

どうやって、その苦しみから抜け出したらいいんだろう??

そのきっかけは人それぞれだ。

でも、ひょっとすると、ある人にとってはここにある感想がそのきっかけとなるかもしれない。

そう思い、いただいた感想をこちらでシェアすることにしたよ。

もちろん、シェアOKとの言葉をいただいた上で。

先にご紹介しておきたいのが、以下の摂食障害に関わる記事。

過食が止まらない!助けて!!~根本から変わるたった1つの方法

食べても食べても満たされない時、それは心が満たされないから

うつで過食・過眠傾向がある時には、、、(非定型うつ)

食べても太らない人の最大の特徴と太らない体質を手に入れる方法

これらの記事や他の記事を読んだ上で感想を送ってくださった方がいる、ということを伝えておくね。

*あえて、ほとんど編集することなくそのままに近い状態で載せています。

スポンサーリンク

過食と拒食の繰り返しに苦しむ人に読んでもらいたいメッセージ(感想)

今回、2つの感想をご紹介したいと思っているのだけど、2つとも同じ人から。

まず、最初にいただいたメッセージから。

~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは。

摂食障害で6年悩んでいる者です。

いろんな記事を読ませていただきました( ´ ` )

過食をやめるために、いろんなことをやってみて いろんな人の話を聞いてきましたが、共通のことを言っている(自分を受け入れるなど)のがわかっていても、なかなか難しく、すごくつらかったのですが、このブログの「はなまる」という表現の仕方が とてもほっこりと感じてしっくりきました(^^)!

はなまる…素敵な言葉です。過食をしたい気持ちが 記事を読むうちにスーッとなくなっていました。

他の記事にもあるように読みながら、自分に「ある」ものを探すのをやってみました。

すると、私の周りはこんなにたくさんのものがあるんだと、実感できました。すごく心が温かくなりました。

食べ物で満たそうとして満たされなくて苦しかった心が、ある もの、はなまるいのち、を実感するだけで 充電できたような気がして、心が満たされるとはこういうことかとストンとお腹におちてきたような感じです。

これからは、過食してしまう自分にもはなまるをあげて いろんな自分を認めて、自分と仲直りしていきます(^人^)

はなまる先生、ほんとにありがとうございます、とても救われました(*^_^*)

~~~~~~~~~~~~~~~

とってもうれしい感想ですね!!

ポイントは、「ある」ものに意識を向けたってこと。

手がある。足がある。歩ける。命がある。住む家がある。

こういった「ある」に意識が向くようになると、それだけで幸せな気持ちが湧き上がってくるんだよね。

さらには、それらの「ある」ものを「はなまる」なんだって感じられるようになると、大きな大きな幸せに包まれるんだよね。

さあ、こんな素敵な感想をいただき、しばらくしてから再び感想をいただいたので、そちらもご紹介しよう。

スポンサーリンク

過食と拒食の繰り返しに苦しむ人へ。No.2

何かの参考程度になるかと思い、
私のことも併せて簡単に話させていただきます。

ものすごく長くなってしまいましたが、
お時間のあるときによければ読んでください(^^)

私は15歳(高1)のときに拒食症になり、
1年後過食症に転向し今までで
6年間摂食障害と生きてきました。

周りの大人にとって都合のいい子、
できる子、じゃないと
受け入れられないと思い込んでしまうような
家庭環境で育ちました。

私と真逆の性質の姉と比べられて、
いい学校に行き大学に行きいい会社に就職するんだ、
と期待をかけられてきました。

摂食障害になる前から自傷癖もありました。
また、ストレスでよくお腹を壊すタイプでした。

全てにおいて完璧主義で、
自分に厳しい、過程ではなく結果が全て、
結果が良くないのは努力が足りない、
1位以外に価値はない、
1位じゃない自分に価値はない。

という、今思えば恐ろしいほど
自分の首を絞めるような価値観で生きていました。

悩み事を相談することは
ほとんどありませんでした。

自分がこの世で一番嫌いなので、
一番嫌いな人と24時間365日一緒にいるという、
毎日がしんどくて仕方がありませんでした。

拒食症の場合、
ダイエットが主にきっかけとして
発症すると言われていますが

私の場合は少し違いました。

ある時、体調を崩したのですが、
無理に学校と部活に行きました。

私がいないと、みんな何もしないから、
部活が成り立たないと思い込んでいたからです。

もともとお腹が弱く、
食にも全然興味が無いので細身でしたが、

食べられなくなってさらに痩せ、
食べなければ体重計の数字が減る、
周りに心配してもらえる、

という快感に憑りつかれて
自ら食べることを辞めるようになりました。

お腹がすいていても、
ご飯を自分に与えないという一種のセルフネグレクト、
自傷なのだと思います。

思えば、小さいころ、
食卓の空気は最悪でいつ喧嘩が始まるかわからず、
大人たちが喧嘩を始めてしまうと
私は空気のようになってしまうことが
とても嫌でした。

和気藹々という言葉とはほど遠い食卓で、
余計に私は摂食障害という
食に関する病気を選んでしまったのだろうか、
と感じます。

私だけでなく、
摂食障害を持つかたに共通することは、
小さいころの食卓の雰囲気が
良くなかったことのような気がします…。

がりがりになって
母に心療内科に連れて行かれましたが、
先生とはそりが合わず悪化して通院を辞め、
他の病院を探し…を繰り返していました。

そのうち、学校に行くのも辛くなって、
勉強もついていけなくなって更に焦り、
自己嫌悪し、過食嘔吐に移行しましたが、

嘔吐を続ける限りは治らない
という情報を見て吐くことを辞め、
太ることを選びました。

それから不登校になり、、、と、
書いていたらかなり長くなってしまうので端折ります。

私が病気の間も、
行きたくもない大学に進学し(のち退学しました)、
家庭がさらに複雑化したり
大きく変化したりと大変でしたが、

いろんな心の勉強を重ね、
自分を苦しめている価値観を手放していく
私と同じように、

生きづらい考えを持った母も変わっていき少しずつ、
良い関係を築いていくことができました。

非嘔吐過食のため、
過食する時期と
落ち着いている(過食をおさえつけている)時期
との体重の差が10キロほどあり、

安定せず体に負担が大きい生活ですが、
以前と比べものにならないくらいに
生きやすくなっていきました。

今現在は、
自分の生きていく場所は自分で決めたいと、
秋に、大嫌いだった大学を辞めて

しばらく自宅療養中で
毎日ごろごろ好きなアニメを見たりしています。

でも、まだ過食はなくなっていない、
どうしてかなあと思っていたら
はなまる先生の記事に出会い、
あのコメントを残させていただきました。

あれからあまり日数は経っていませんが、
いろんな記事を読んで
行動や考え方を変えてみると
明らかに変化がありました。

まず過食をした原因探しをやめました。

絶対にコレがストレスだというものが
はっきりわかるなら別ですが、

なぜ過食をしてしまったんだろうと考えることは、
いつまでも過食をしたことにとらわれている状態で、

また、自分の中の犯人探しは、
自分の中に原因となった感情(不安や恐怖、罪悪感など)を見つけて、

そんな自分の感情を
×として排除しようとしていることと
おなじような気がしたからです。

「過食をしても、しなくても、
どんな食べ方をしても私ははなまる」

「太ってても、痩せていても、
どんな体型でも私ははなまる」

そして、記事にあるように、

「そんなはなまるな私は
ちゃんと過食を手放せる」

と言い聞かせ、
自分を100パーセント信じることにしました。

過食しても気にせずにすごすことにしました。

それまでは、過食で太ってきたら、
無理矢理過食を食い止めて痩せて、

また過食に逆らえずリバウンド、
というパターンでした。

○○キロの私しか受け入れられない、
○○キロにならないと××しない、
という、理想の自分しか自分を受け入れられない状態でした。

痩せることができても、
結局どこまで痩せても満足できず、
痩せるほど虚無感を感じてつらくなるだけ。

過食を続けていてどれだけたべても
一時的に満足するだけで、
そのあとに強烈な自己嫌悪と死にたい気持ちと、
罪悪感と太る恐怖に
泣きながら耐えるだけの生活でした。

食べる事が1番嫌いなのに、
絶対に離れられない毎日でした。

「今の自分を(どんな自分も)
素晴らしいと思え、受け入れろ」

いろんな自己啓発系の本には 
こう書いています。

でも私はそれがどうしても、
頭で分かっていても違和感しかなく、
できませんでした。

自分が×と感じているものを○にしろ、
と言われているようだったからです。

それはなんだか、「×と感じてしまう自分」を
否定している気分になってしまうんです。

でも、はなまる先生のいう「はなまる」は、
×も○も含めたものが「はなまる」だと知って、
なんかすごくすんなり受け入れられたんです。

他の人も、言い方は違うだけで
同じことを言っているんだと思うんですが、

私は「はなまる」という言葉が一番好きです。

○も×も「はなまる」なら、
先生の言うように「存在」全てが「はなまる」なので、
自分が×だと感じている自分もはなまるで…

私は、はなまる以外になれないのか、
と思いました。(わかりにくくてすみません(;ω;))

とにかく、どんな感情の自分も受け入れて
はなまるをあげることに決めました。

もちろん他人にも。

すると、過食をしても
つらくない(体はしんどいですが)状態になり

ものすごく自然に、
過食をしたいと思わなくなってきました。

と、いうか、「自分が嫌だ!」
という思いが過食のスイッチになっていたので、

「自分なんて大嫌い!」と思っても、
そう思う自分も、
自分の嫌な部分も「はなまる」ですよ、
過食してもはなまるで太っててもはなまる!
としつこくしつこく自分に「はなまる」を与え続けていたら、

「もういいわ、、、」と、
「過食して、自分を責めたい自分」が諦め始めて
過食スイッチが働かなくなってきた…
という表現が合っている気がします(笑)

わかりにくいですね(^_^;)

過食症は、
ストレス⇒過食⇒罪悪感、自己嫌悪のストレス⇒過食

のループと言われていて、
過食をした自分を責めないことが、
断ち切るのに一番大切と分かっていたのですが、

はなまるを知って
それがうまくできるようになりました。

そしてとても個人的に
不思議だなあと感じている体の話なんですが。

私はもともとお腹いっぱい食べたり、
自分のお腹のキャパを超えて食べると下したり

油っこいものや甘いもの、
消化に悪いものを食べても調子が悪くなっていました。

なので食べ過ぎることがなかった
(あまり多く食べられなかった)のですが、

過食症になってからはどれだけ過食しても、
お腹が痛くならない(朝に吐き気があるだけ)体質になって、
太るだけなので余計に過食を辞められない、
常に満腹でいられる、
という、謎の体質変化があったんです。

それが、生きやすくなり、
過食が必要じゃなくなってくると同時に、
食べ過ぎるとお腹を壊す体質が
徐々に戻ってきました(笑)

なので、最近は過食した後でも下してしまって、
食べられない状態になったりするんです。

過食症真っ最中は、
過食した翌日の吐き気なんて、どうでもいい、

吐き気があるけど
また起きてすぐ過食するという
体には最悪なことをしていました。

が、最近はその吐き気が不快で仕方なく、
なくなるまでは水だけ、
という風に自然にできるようになってきました。

体ってすごいですね、
過食をしないと自分を保てない時期は
過食ができるようにしてくれて、

過食を手放す流れになっている今は、
過食をやめるお手伝いをしてくれてるんでしょうか。

はなまる先生の記事に、
鼻風邪は胃腸疲れとありましたが、
私もともと蓄膿症で今、
点鼻薬なしでは息ができないぐらいに詰まってます(笑)

過食が必要なくなるとマシになるのかな~
って思ってます。

そのうち、自然にこのまま過食をしなくなり、
もっと健康な方法でストレスを解消できるようになって
体も楽な状態に落ち着いてくれたらと思ってます。

もう目標体重はありません。
理想の体型も特にないです。

どんな体の自分でも「はなまる」だからです。
今の体重過多の自分でも「はなまる」です。

書こうと思えばもっとたくさん書けるんですが、
ありえないほど長くなっちゃうので
ここでストップします(笑)

とにかく感謝と現状を伝えたくて!

私はもうしばらく冬の間、
好きなことして療養してから

仕事して活動し始めようかな~
と考えています。

こんなごろごろできているのも
母のおかげです(´`)*

自分を取り戻していくうちに
アニメやゲームが好きだということを思い出しました。

勉強や部活、病気で今まで全然楽しめていないので
これからはそれを楽しむ人生にしたいんです(^^)

また、しばらくしたら現状報告させてください:)

良くなっていく気しかしません、
というか、そう100%自分を信じています。

もちろん、何があっても自分は「はなまる」
と信じているので、
何があっても大丈夫なんですが*

はなまる先生にはっぴーはなまる*

出会えてよかったです!
ありがとうございます。

もし読んでくれていたら、
とてもうれしいです。

はなまるって思えることが人生を変えてくれるかもしれません

さあ、感想は読んでいただけただろうか?

きっと、いろいろ感じることがあったんじゃないかな。

ここでは、あえて、この感想の解説ってのは控えておきたいと思うんだ。

きっと、それぞれに感じることがあっただろうから。

1つ言えることは、この方のように「はなまる」って思ってみることが心を温めてくれることがあるってこと。

「はなまる」って思ってみるんだ。

どんな自分であっても「はなまる」って思ってみるんだ。

「はなまる」だなんて思えない??

大丈夫。思えなくたって大丈夫。

だって、思えないからこそ「はなまる」って繰り返し思ってみるんだから。

そうすれば、いずれ「はなまる」って思える時がやって来る。

そして、「はなまる」って思えた時こそが、人生が大きく変わる時なんだよ。

あなたははなまるだから

最後に、改めて摂食障害にも関連する記事を並べておくよ

過食を止めたくても止められない、、、とても辛くて苦しいですよね。本当はもう止めたいのに、今日もまた食べてしまう。私って「ダメな人間」自分を責めたくもなっちゃいますよね。でもね、責めちゃいけないよ。あなたは変われるから。
食べても食べても満たされない、、、どうしてだろう??もう、食べちゃダメ!ってわかっているのに、どうして食べることをやめられないのだろう??食べても満たされないことには理由があるんだよね。さあ、その理由を知ろう。知れば、満たされるようになるんだよ。
食べ過ぎてしまう、、、寝すぎてしまう、、、でも、体は重たくだるい。一方で時にやる気が湧き上がる。通常のうつとはちょっと違う症状だけど、これもうつの一種である場合があるんだよね。とはいえ、辛いことは同じ。こんな時はどうしたらよいだろうか?
食べても食べても太らない人は、どうして太らないのだろうか??あんなにいっぱい食べているのに、、、私は水を飲んでも太ってしまうというのに、、、。太らない体を手に入れたいよね。どうしたら太らない体質を手に入れられるのだろう?その方法は、、、

☆<無料>言葉の力で幸せな毎日を手に入れるはなまるプログラム☆

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、今「ある」ものの喜びに目覚める「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする