死にたい、消えたい、と友達から言われた時、必ず覚えておいて欲しいこと

死にたい、、

消えたい、、

 

友達や身近な人から突然そんなことを言われたら、

あなたならどうするだろう?

 

きっと、困ってしまうよね。

なんと答えてあげたらいいのかわからない。

 

何を言ってあげたら良いのか

何と声をかけたら良いのか

何をしてあげたら良いのか

わからなくって、時間だけが過ぎていく。

 

どうしたらいいんだろう??

 

もしもそんなことがあったとしたら

こんなことを思い出して欲しい、

ということについて今日は話していこう。

 

はなまる先生のツイッターはじめました

 

死にたい、消えたい、と友達から言われた時、必ず覚えておいて欲しいこと

どうしたら良いかと言ったら、

共感、あるいは理解しようとしてあげること。

 

共感は実際には難しいことかもしれない。

でも、共感や理解そのものができなくとも

理解しようとする姿勢を見せることが大切。

 

その重要性を知るために、3つのパターンに分けてみよう。

3つは

1、正論

2、励まし

3、共感、理解しようとすること

これらひとつひとつについて考えてみよう。

 

スポンサーリンク

 

1、正論

正論は例えば、

「死ぬなんて言っちゃいけない」

「命を粗末にしてはいけない」

「世界には生きたくても生きられない人がいるのだから」

といったもの。

 

どうだろう?

もしも自分が死にたいと思っていたとしたら、

それを言われてどう感じるのか考えてみて欲しいんだ。

 

きっと、正論だから言ってることはわかるけど、

本当に言って欲しい言葉ではないと思うんだ。 

 

正論というのはまさに正しいからこそ正論なんだけど、

その正しさが人を傷つけてしまうことだってあるんだよね。

 

正しいってさ、何も言い返せない、

その通りのことだから。

 

それによってどうなるかと言ったら、

逃げ場を失ってしまうんだよ。

 

命を粗末にしてはいけないって、その通りよ。

でも、だからと言って「死にたい」私の気持ちは本当で、

命を粗末にしようとしている私はダメな人間なの??

そうね。私はダメな人間。

こんな人間だから生きてる価値もない。

死んだって誰も悲しまないから。

 

逃げ場をなくしてしまうと

こんな風に追い込まれてしまうことだってあるんだ。

 

友達が「死にたい」と言ったとしても、

正論で追いやることはやめよう。

 

2、励まし

励ましは例えば、

「もうちょっと頑張ろうよ」

「気分転換したら大丈夫だよ」

といったもの。

 

なんとなく良さそうに思えるよね。

それに、ついつい言ってしまいそうな言葉でもあるよね。

 

また、その立場になって考えてみて欲しいんだ。

あなたが死にたいと思ってる時、

頑張れ!って言われたらどうなのか。

 

きっとね、辛いと思うんだ。

 

その理由は、

「死にたい」と思うほど追い込まれた人は、

これまで頑張り過ぎるくらいに頑張ってきたから。

 

どう頑張ってきたかと言ったら、

いろんなことを我慢して我慢して耐え抜いて来ているんだよ。

 

こういった頑張りは、

バリバリの体育会系の人には理解しづらいかもしれないね。

そういう人にとって頑張りは努力であり、

結果を出すという目標に向かって進んでいくことだから。

 

実はこの体育会系の頑張りとは違う頑張りがあるんだよ。

それが、我慢し続けてきたってこと。

 

一見、ニコニコしてて幸せそうにしている人が

実は苦しみを頑張って抑え込んでいるだけだったりする。

 

いつも怒らない仏のような人が

いつも必死に耐えているだけだったりする。

 

そんな見えない頑張りがあるんだ。

 

「死にたい」って

思うところまで追い込まれた人の多くが

そういう見えない頑張りをし続けてきた人。

 

つまり、もうこれ以上

頑張れないところまで頑張ってきてるから、

頑張れ!って言葉は追い込む言葉になってしまう。

 

もう頑張れないよ、、って。

 

大丈夫って言葉もそんな時は重くのしかかる。

もう大丈夫じゃないから

「死にたい」って思っているのに、、

 

 

3、共感。理解しようとすること

これは

「死にたいと思っているんだね」

「疲れてしまったんだね」

といったもの

 

共感するのはちょっと難しいかもしれない。

でも、共感しようとすることは大事。

そして、理解しようとすることが大事。

 

死にたいんだね。

そう思ってしまうくらい疲れてしまったんだね。

消えてしまいたいとも思っているんだね。

そうか。どこか遠くに行きたいんだね。

 

こんな感じで理解しようとしてもらったら、どうだろう?

 

きっと、正論や励ましのように追い込まれて

逃げ場をなくしてしまう感覚はないんじゃないかな?

 

ちょっとわかってもらえている気もしたり、

ちゃんと話を聴いてもらってる、という気もしてくるかもしれないね。

 

実際に「死にたい」と言われた時、

して欲しいのはこの共感、

或いは理解しようとすることなんだ。

 

理解しようとする姿勢を見せるためのオウム返し

さて、ちょっとだけテクニック的な話。

 

理解しようとしているその姿勢を示すためには

オウム返しが基本になってくる。

 

「死にたい」

と言われたら

「死にたいんだね」

 

「もう消えたい」

には

「もう消えたいんだね」

 

「どこか遠くに行きたい」

「どこか遠くに行きたいんだね」

 

「生きてる価値も見出せない」

「生きてる価値も見出せないんだね」

 

こんな感じ。

ちゃんと相手の言ったことを聴いて、

それをそのままオウムのように返していく。 

 

これだけでも理解しようとちゃんと

私の話を聴いてくれているんだな、と思ってもらえるよ。

 

 

そっと寄り添うことの重要性

ここまでで言葉を通してどう答えたら良いか

ということについて話したけど、

時には何にも声をかけてあげられない、なんて時もあるかもしれない。

 

どんな言葉もかけられないような空気。

そんな時はどうしたらいいんだろう??

 

そんな時は、ただ寄り添ってあげること。

 

例えば、相手が座っていたら、

そばに同じように座っていてあげる。

相手の気が済むまで、

黙ったまま静かに座っていてあげる。

 

沈黙。でもそばにいる。

実はこのなんでもないようなことが、

その相手にとってはものすごく力になることがある。

 

言葉にはならないけど、理解しようとしていること、

見守ってくれていること、寄り添ってくれていることが

ちゃんと相手に伝わるんだよね。

 

本当に辛い時、心の助けになるのは

特別なカッコいい言葉や行動よりも、

ただそばにいてくれた、ということだったりする。

 

だから、言葉にならないような時は、

寄り添うことを考えよう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

・友達や身近な人が「死にたい」と言っていたら、

  共感、或いは理解しようとしている姿勢を示そう。

 

・そのためにもオウム返しが有効。

 

・「死にたい」と言っている人に正論や励ましはNG

 

・かけてあげる言葉がなければただ寄り添ってあげよう

 

スポンサーリンク

 

インスタグラムもやってます

Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

関連記事

死にたいんじゃなくて消えたいんだ。もうこの世から消えてしまいたい。ああ、もう生きることに疲れたよ、、、そんなことを思うことがあるかもしれない。でもね、君にはあるものが足りなかっただけなんだ。そのあるものがわかれば、大丈夫なんだよ。
死にたい!消えたい!と思ってしまった時、そんなことは思ってはダメだと否定しちゃっていませんか?実はその否定する心があなた自身をより一層苦しめてしまいます。もし、苦しみから抜け出すのであれば否定しないこと。ここにある3つを覚えておいてください。
早く死にたい!この世から消えたい!そう思ってしまうことあるよね。いいんだよ。思ったって。そんな自分のことを認め、受け入れてあげよう。でも、どうやって認めたらいいかわからないよね。だから、その方法を伝えるよ。
死にたい!助けて!そう思った時、どうしていいかわからないよね。時には誰に頼ったらいいかもわからないよね。そんな時にやってみて欲しいことが3つあるんだ。きっと、この3つがあなたに何かのきっかけを与えるから。
生きる意味って何だろう?そんなことを探し求めてさまよってしまうことが人生にはあるよね。でも、生きる意味なんて見つからない。どうしてたろう?今回は生きる意味を探している人にこそ知って欲しいことについて書いているよ。