何もしたくないくらい毎日に疲れてしまった時にやっておきたいこと

もう何もしたくない

毎日に疲れてしまった、、

 

そう感じてしまう瞬間ってあるよね。

疲れちゃって、気力も湧かなくって

別に怠けようと思っているわけじゃないんだけど

体が言うことを聞いてくれない。

 

まるで自分の体じゃないみたいだ。

外にも出たくない。

いや、立ち上がりたくもない。

 

本当に、何もしたくない。

どうせなら、このまま死んだって構いはしない。

 

そんな時、どうしたらいいんだろうか?

 

今回は、何もしたくない時

心の中でどんなことが起こっているのか

解き明かしていこう。

 

スポンサーリンク

 

 

何もしたくない時、人は何かに打ちのめされている

何もしたくない時

たいてい人は何かに打ちのめされた後だったりする。

 

例えば、努力に努力を重ねて

全身全霊頑張ってきたにもかかわらず

結果を残すことができなかった。

 

もう少し具体的な話では

いい大学に入れば明るい未来が待っていると信じ

受験勉強を頑張ってきたけれども

実際に合格し入学してみたら

特別なことは何もなく

必死に努力する対象を見失ってしまった。

 

あるいは、

目の前にある困難をただひたすら耐えていれば

いつかきっと人生が開け

素晴らしい未来が待っていると信じ、耐え続けてきたのに

現実はますます苦しくなっていることに気づいた。

 

このように

何かを必死で頑張ってきたにもかかわらず

望んでいた結果が得られなかった時

人は絶望し、生きる気力すら失ってしまう。

 

そして、もう何もしたくない、、

という気持ちが湧き上がってくる。

 

自分に当てはめて想像してみると

もっとわかりやすいかもしれない。

 

例えば、あなたがバレーボールの選手だったとして

オリンピックに出ることがすべてだと思い

ほかのすべての時間を犠牲にしてまで

バレーボールに没頭してきたとする。

 

周囲の人たちにも期待され

あなたは憧れの存在だ。

 

それがある日、怪我をしてしまった。

どうやらバレーボール選手として生きていくことは

難しいらしい。

 

そこからの絶望、、。

想像できるだろうか?

 

選手生命は絶たれた。

でも、バレーボール以外やってこなかった自分には

それ以外の選択肢は浮かばない。

 

そんな時、どんな気持ちになるだろうか?

 

きっと、多くの人は

気力を失ってしまうと思う。

 

もちろん、稀に強靭なメンタルの持ち主で

すぐに切り替えられる人はいるのだけど

 

多くの人は気力を失い

もう何もしたくない、、

そんな気持ちが湧き上がるんじゃないかな

 

ここでのポイントは

何もしたくないと思うほどに気力をなくした人は

多くの場合、必死に頑張り続けてきた過去があり

その頑張りが完全に打ちのめされてしまった

そういう経験があるということ、だね

 

追記

ひょっとすると、

ここに書いたパターンに当てはまらないのに、、、

どうして私は気力が沸かず

何もしたくない、、と感じているのだろう?

なんて思った人もいるかもしれない。

 

実はそんな人にも

ここに書いたことが当てはまるんだ。

 

どういうことかと言ったら

世に言う頑張りや努力と

違った頑張りをしていたってだけ。

 

例えば、いつもニコニコ笑って

まわりの人には苦しんでいる姿を

一切見せずに生きていく。

 

こんな生き方も

耐えるってことを必死に頑張っていて

その頑張りが何かしらをキッカケに

打ち砕かれてしまった時

もう何もしたくない、、って

一気に気力を失ってしまったりする。

 

何を頑張るかってのは人それぞれなんだね。

 

 

もう何もしたくない、、そんな気持ちになった時には

さて、打ちのめされて

何もしたくないって気持ちが湧き上がった時

何かできることはあるんだろうか?

 

こんな時にして欲しいことは

何もしたくないと思っている自分を

そのまま認めてあげることだ。

 

なぜなら、何もしたくなくなるほど

頑張り続けてきた人は

これまでに想像を絶するほどの努力を

積み重ねてきているから

 

頑張りが結果を出さなかった時に

すべてを失ってしまうほどに

がむしゃらに頑張ってきたんだよ

 

そんな自分の頑張りを、そして自分自身を

認めて欲しいんだ。

 

はっきり言って、

いい加減に毎日を過ごしてのほほんと生きてきたならば

結果が出なくたって

気力がなくなるほど心が折れてしまうことはない。

 

なぜって、いい加減だから。

結果が出なかったとしても当然

それくらいにしか考えない。

 

だからね、結果が出なくて

打ちのめされた自分の頑張りを

まずは認めて欲しいんだよ。

 

あなたは頑張ってきたんだ。

努力の仕方は人それぞれだから

その頑張りが他人に認められるかどうかはわからないけど

あなたは頑張ってきたんだよ。

 

だから、自分で自分を認めよう。

 

もう何もしたくない、、

毎日に疲れちゃった、、

 

そんなことを思った時にはまず

自分で自分を認めてあげよう

 

結果を求めすぎる思考を改めよう

さて、ここまで話したところで

より深い問題と向き合おう。

 

それが結果を求める心だ。

 

実は、頑張りすぎて気力を失ってしまう人には

結果を求めすぎる傾向が強かったりする。

 

つまり、結果を出さなくっちゃダメだ!

結果を出さなければ意味がない!

といった思考だね。

 

これは時に、完璧主義とも呼ばれる。

 

実はこの思考自体が無気力と呼ばれる

「何もしたくない」心を生み出してしまうんだ。

 

受験勉強をするなら

志望校に受からなければダメだ!

 

部活動を頑張るなら

優勝しなくちゃダメだ!

 

仕事を頑張るなら

必ず結果を出さなければダメだ!

 

母親をしているなら

母親とはこうでなければダメだ!

 

料理をつくるなら

子供に食べさせるものはすべて手作りでないとダメだ!

 

こういった思いが強すぎるんだよね。

 

もちろん、誰にだって

結果を求める心はあって、

何かするんであれば完璧にしたい

そう 願う心もある。

 

でもね、問題となるのは

結果を出さなくっちゃダメだ!

の「ダメだ!」が強すぎること

 

この「ダメだ!」は

「私はダメだ!」ってことでもある。

 

結果を出さなければ、私はダメだ!!

つまり、私はダメ人間だ!!

 

これくらい強い否定が

そこにはあるんだよね。

 

ちなみに無気力にならない人は

結果を出そうと思う心は同様に強いけど

結果が出なくともダメだとは思わない。

 

失敗から学ぼう、とか

これを活かして次は成功する!

それくらいにしか考えない。

 

でも、無気力になってしまう人は

「ダメだ!」が強いんだ。

 

だからこそ、自分を否定し

自分の存在まで否定してしまうからこそ

気力を失ってしまう。

 

まずはこのことを知っておこう。

 

打ちのめされた時、

無気力になる人とそうでない人との

一番の違いは

ダメだ!!の否定する思いが強いかどうか

 

結果を出さない自分にもOKを出そう

ここまでの話で想像はついてると思うけど

もしももう何もしたくない、、

なんて気持ちを本当に変えようと思ったら

そう思ってしまった自分を認めた上で

結果を求める思考を改めることだ。

 

結果が出なかったとしても

行動できた自分、頑張った自分に

はなまるをつける。

 

もちろん、最初はそうは思えない。

だから練習する。

 

例えば、今、本当に気力がなかったとしても

このブログ記事を読んでいるとしたら

すでに記事を読むってことをしているんだよ

 

しかも、その無気力な

何もしたくない、、って気持ちを

どうにかしようとして

動き始めているってことなんだ。

 

もしもそれを改めようとしていなければ

この記事を読もうとも思わないはずだから

 

そうやって、ほんのわずかでもいい

たった一歩でもいいから踏み出して

何かしらアクションを起こしていれば

そんな自分にはなまるつけるんだよ

 

何もしたくなくって

毎日眠ってばかりいるとしても

ベッドから起き上がったらはなまる

カーテンを開けたらはなまる

パソコン開いたらはなまる

こんな感じで小さなアクションにも

はなまるをつけていく

 

どんなことでもいい

小さなアクションに気づき

行動したという事実にはなまるをつけることが

とてもいい練習になっていくんだ。

 

自分のペースでいいから

繰り返してごらん

 

いつしかはなまるをつける

名人になっているから

 

スポンサーリンク

 

まとめ

・もう何もしたくない、、

毎日に疲れてしまった、、

そう感じている人たちには

必死に頑張り続けてきた過去がある。

 

・こうした無気力状態の時

まず最初に取り組んで欲しいことは

頑張ってきた自分を自分で認めてあげること

 

頑張り続けた先に気力がなくなるほど

打ちのめされてしまうのは

結果を求める心が強く完璧主義であるから

 

・完璧主義の人は

ダメだ!!の否定感が強くなり

自分の存在を否定するからこそ

気力まで削いでしまう

 

・自分自身を認めた上でして欲しいことは

結果に関係なく自分がした

小さなアクション、小さな行動に

はなまるをつけてOKを出していくこと

 

小さな一歩を大切にしていこう

 

スポンサーリンク

 

はなまる先生のインスタグラム

 

はなまる先生のツイッター

 

関連記事

死にたいんじゃなくて消えたいんだ。もうこの世から消えてしまいたい。ああ、もう生きることに疲れたよ、、、そんなことを思うことがあるかもしれない。でもね、君にはあるものが足りなかっただけなんだ。そのあるものがわかれば、大丈夫なんだよ。
死にたい!消えたい!と思ってしまった時、そんなことは思ってはダメだと否定しちゃっていませんか?実はその否定する心があなた自身をより一層苦しめてしまいます。もし、苦しみから抜け出すのであれば否定しないこと。ここにある3つを覚えておいてください。
早く死にたい!この世から消えたい!そう思ってしまうことあるよね。いいんだよ。思ったって。そんな自分のことを認め、受け入れてあげよう。でも、どうやって認めたらいいかわからないよね。だから、その方法を伝えるよ。
死にたい!助けて!そう思った時、どうしていいかわからないよね。時には誰に頼ったらいいかもわからないよね。そんな時にやってみて欲しいことが3つあるんだ。きっと、この3つがあなたに何かのきっかけを与えるから。
死にたい、消えたい、と友達から言われた時、何を言ってあげられるだろう?何をしてあげられるだろう?ここで何を選択をするかはものすごく重要で、場合によっては相手を追い込んでしまうことになる。だから、必ず覚えておいて欲しいことをまとめておきます。
生きる意味って何だろう?そんなことを探し求めてさまよってしまうことが人生にはあるよね。でも、生きる意味なんて見つからない。どうしてたろう?今回は生きる意味を探している人にこそ知って欲しいことについて書いているよ。