仕事や日常の不安をスッキリ解消する方法(不安の中の安心)

仕事や人生において不安を感じることってあるかもしれないね。

突然不安が襲ってきて、自分がそこにいることすらできないくらいに崩れ落ちそうになること。

そんな時は苦しいよね。

はやくこの不安がなくなってくれたらいいのに。そんなことばかり考えているかもしれない。

でも、苦しければ苦しいほどに不安ってなくならなかったりするんだよな。

一体、どうしたらいいんだろう??

そこで今日は、スッキリ不安を解消できる素晴らしい方法をご紹介したいと思うんだ。

不安はなくさなくていいんだよ

不安ってなくさなくちゃいけない、って思っていないかな?

実は不安って、なくさなくてもいいものなんだよ。

誰にだって多かれ少なかれ不安はあるものだから

☆不安はなくさなくてもOK☆

スポンサーリンク

不安の奥には安心感がある

じゃあ、なくならない不安をどうしたらよいのだろう?

それはね、不安の奥には安心感があることに気づいたらいいんだよ

そう、不安の中にも、安心感がある

不安と安心って正反対のものだと思うかもしれないけど、実は同時に抱くことができるんだよね。

それは、不安の奥に安心感があるから

そこにある安心感に気づくことが大切なんだ。

☆不安の奥には安心感がある☆

不安の中に安心感。これが自然。

不安の中に安心感。

この一見矛盾する感じが、実は自然なんだよ

自然って、どちらかに偏ってはいないんだ。

矛盾する性質が混じり合っているものなんだ。

五重の塔がなぜ、長く崩れずに建っているか知ってる??

それは不安定だからであり、自然に近いからなんだよ。

五重塔は微妙に揺れ動くように建てられている。

つまり、不安定なんだね。

でも、その不安定な中に安定があるんだ。

不安定な中の安定。

実はこれが、崩れないための秘訣。

人間も、不安の中の安心が素晴らしいんだよ。

☆不安定の中の安定。不安の中の安心。これが自然☆

安定・安心だけでは苦しい

不安がないこと。不安定がないこと。

少しも揺れ動かないことって、苦しいんだよ

そのことは、体で考えてみればよくわかるよ

体を安定させるためにビシッと姿勢を正してみようか。

背筋をしっかり伸ばして、胸をビシッと張る!

姿勢は大切だけど、正しすぎると、、、

その姿勢で一日過ごしてごらん

疲れるでしょう??

そう、安定させるために姿勢を正し続けると疲れるんだよ

その理由は不安定がないから

姿勢を心地よく整えるためには、揺れ動く不安定も必要なんだね。

だから、不安定や不安も受け入れていこう

☆不安定や不安も大切なものなんだ☆

*姿勢は大切♪でも、そこには、揺れ動く「揺らぎ」の動的要素が必要なんだよね!それを時に、不安定とも呼ぶ。

スポンサーリンク

不安定や不安も受け入れる

不安定や不安は消すものなんじゃなくて受け入れるものなんだ、ってことがちょっとわかってきたよね

そう、受け入れるんだよ

そのためには不安もちゃんと感じていったらいい。

不安が湧き上がってきたら、「ああ、不安が湧き上がってきたな~」って、ちゃんと感じていくんだよ

☆不安もしっかりと感じていこう☆

不安を観察する

とはいえ、不安を感じていくと飲み込まれそうになる人もいるかもしれないね。

そうならないためには「観察」することを意識するといい。

不安を「観察」するんだよ。

例えば、不安とともに体のどのあたりに緊張が生じるか体を観察するんだ。

必ず、心が乱れた時はそれが体に現れるから

☆不安を客観的に観察してみよう☆

不安を解消する方法

不安を感じたら、、、

自分の体に意識を向けてみよう。

体のどこに強張りがあるだろう?

強張りを見つけたら、

そこに意識を向けよう。

(手が届くなら、手を当てるのもよい)

その強張りを

ひとつの空間として捉えてみようか。

空間の大きさ、形、

色や質感、温度を感じてみよう。

そうして、空間が浮かんできたら

その空間の内側にはなまるを描いていくよ

描いたはなまるの色も感じよう

その色のはなまるを

空間とともに味わって、、、

しばらく味わい、

心が静まってきたら

イメージを手放し、

ゆっくりと目を開きます。

まとめ

不安は消すものではなく、受け入れるものなんだね。

そして、受け入れるためには、客観的に観察するようにして不安を感じていったらいいんだ。

客観的になって、不安と言うものが明らかになってくると、その奥底にある安心感にも気づくことができる。

どんな大きな不安を感じていても、同時にその奥底にある「安心感」を感じることができれば大丈夫だよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~不安を和らげるためのステップ~

1、不安を受け入れる

2、不安を客観的に観察するようにして感じる

3、不安の奥底にある安心感に気づく

4、安心感を感じていれば大丈夫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おまけ☆幸せのおまじない☆

もしも不安が湧き上がってきたら

とりあえず胸に手をあててみよう♪

やさしく手をあてて

胸に入ってくる呼吸を

しばらく感じるだけで大丈夫♪

「ああ、呼吸が入ってくるなぁ~」

そう感じたら

「はなま~る」

呪文を唱えよう♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子どもたちに贈る「はなまる絵本」

3歳児の自己肯定感を育むおすすめ絵本「はなまるライオン」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする