体を柔らかくする方法~世界一簡単な驚きの柔軟体操~

体がもっと柔らかかったらいいのになぁ~

体が硬いから柔らかい人に憧れる!!なんて人も多いかもしれませんね。

柔らかい体って不思議と憧れるんです!

なんだか美しい気がするし、健康的なイメージもある。

あぁ、もっと体が柔らかくならないかな。

スポンサーリンク

体が硬いとどうなる??

体が硬いということは筋肉が硬いということでもありますよね。

だから、体が硬いとどうしても血流が悪くなってしまうし、動きもぎこちなくなってしまうんです。

そこには動きのしなやかさも失われてしまうし、健康にも決してよくはありません。

そう考えるとやっぱり!体は柔らかくありたいものですね!!

他にも、体が硬いことによる影響はこんなことがありますよ。

・血流の低下

・内臓の働きの低下

・自律神経系の乱れ

・関節可動域の制限

・動きのしなやかさの低下

・体のたるみ

・頭が硬くなる(頑固)

体を柔らかくする方法~世界一簡単な驚きの柔軟体操~

さて、ここで驚きの柔軟体操を紹介しましょう!!

いや、正直なところ体操って言うようなものではないかもしれません。

だって、ほとんど体を動かすことなく体が柔らかくなっていくんだから!

とはいえ、効果は確実に「体を柔らかく」するものです。

まずは動画をご覧くださいね!

言葉によって体が柔らかくなることはわかりましたか??

そうです!!

体操と言っていますが「言葉」によって体を柔らかくしてしまうんですね!!

何が言いたいかって言ったら、普段から使う言葉を変えましょう!ってこと。

どう変えるかと言ったら、体が柔らかくなる言葉に変えましょうね!ってこと。

体が硬い人って「体が硬くなる」口癖があるから硬い!!

動画でもお話していますが、とっても大切なことなので改めてお話しておきますね!

体が硬い人は「体が硬くなる」口癖があるから硬いんですよ!!

え!?口癖が関係あるの??

なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

大ありなんですよ!

硬い人ってね、こう言うんです。

「私、体が硬いのよね~

前屈だって下につかないのよ」

(前屈をする)

「ほらぁ、硬いでしょう??」

「本当ね!硬いわね~」

「でしょう??硬いのよ~」

(なぜか自慢げ)

こんな感じで、硬い人って自分が硬いことを自慢してたりするんですよね。

自分で硬いと言って、相手にも硬いことを認めてもらう。

そんなことを繰り返しちゃっているんだね!

でもさ、そんなことやってるから体は一生硬いままなんだよ!!

自分で硬いと言って硬いイメージを手に入れる。

他人にも硬いと言ってもらってさらなる硬いイメージを手に入れる

そしてイメージは現実化するから本当に体は硬くなる!!

だから、どんどんどんどん硬くなっちゃうんだよ。

スポンサーリンク

体を柔らかくしたいのであれば

もしも、体を柔らかくしたいのであれば硬いと言うことはやめよう!!

いや、今日からやわらかいと言おう!!

できない??

大丈夫!!

人と比較しなければ今日から柔らかい人になれるのだから。

自称!柔らかい人!!

これって大切だよ。

まずは自分が「私は体が柔らかいんだ」というイメージをもとう!!

すると、イメージから柔らかくなりはじめるんだよ。

言葉の力とストレッチを組み合わせよう!!

世界一簡単な驚きの柔軟体操ということでかなり特殊なことからお伝えしたんだけど、実はこの「体をも柔らかくしてしまう」言葉の力はストレッチや体操と組み合わせることもできるんだ!!

当然だよね!!

だって、言葉を口にするだけでいいのだから。

そこで、ぜひともこれから行ってほしいのが、ストレッチをするならばストレッチ前に「体が柔らかくなる」言葉を発しておこう!ということ。

例えば、「私、体が硬いの」と言って前屈をするのではなく、「私、体が柔らかいの」と言って前屈をする。

もちろん、今まで「硬い」と言っていたのを「柔らかい」に変えて「柔らかい、柔らかい、柔らかい、、、」と唱えることもOK!!

もっと言えば、声に出せないようなら「柔らかい」と思うだけでもいいんだよ。

いずれにしても、ストレッチ中やストレッチ前後も「柔らかくなる」言葉を使うようにする

そうするだけで、体は変わり始めるよ。

よく、ストレッチで体を痛めたなんて人がいるけど、それは心で「硬い」と思いながらストレッチをしているからなんだ。

そんなんじゃ、車のサイドブレーキをしっかりかけながらアクセルを踏むようなもの。

当然、負担がかかってきちゃうよね??

大切なことはブレーキを外すこと。

人間の体であればイメージからブレーキを外していくってことが大切なんだよ。

まとめ

・言葉によって体が変わる

・体が硬い人は「体が硬くなる」言葉を使っている

・体を柔らかくしたいなら「体が柔らかくなる」言葉を口癖にしよう

・人と比較しなければ今日から「自称・柔らかい人」

・「柔らかくなる」言葉とストレッチを組み合わせよう

何か自分の口癖に気づくことはできましたか?

普段何気なく使っている口癖によって体を固めてしまっている人って多いんですよ。

だから、まずは口癖に気づき、心も体も柔らかくなる言葉を使っていきましょう!!

言葉の力を知るためにはこちらの記事もおすすめです!!

↓↓↓

ありがとうの言霊で奇跡は起こります。とはいえ、本当に「ありがとう」の言霊に特別な力があるのかどうかって、なかなかわらないもの。だからこそ、目に見える形でその言霊の力を知る実験をしました。ありがとうって、やっぱり力があります!ありがとうって、やっぱり奇跡を起こします!
誰かまわりの人に対して、あるいは自分自身に対して元気づけるような言葉を贈りたいと思ったことはありませんか?ペップトークは一瞬で人を元気づけ、やる気を引き出してくれる言葉がけ。それは子育てにも役立つものなんですよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子どもたちに贈る「はなまる絵本」

3歳児の自己肯定感を育むおすすめ絵本「はなまるライオン」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする