一流セラピストの特徴~いいセラピスト/悪いセラピスト~

何かしらの癒しやセラピーを受けるのであれば一流のものを受けてみたい!

そんなことを思うことだってあるんじゃないかな?

少なくとも、全くプロ意識のないようなセラピストやそこに通うことで自分を逆に下げてしまうようなセラピストのもとには通いたくないって思うんじゃないかな。

そこで今日は、いいセラピストと悪いセラピストの見分け方についてお話してみるね。

*もちろん、はなまる的には「いい/悪い」の善悪の判断は基本しないんだけど、話をわかりやすくするために「いい/悪い」でお話していくよ。

スポンサーリンク

いいセラピストと悪いセラピストの見分け方

いいセラピストに出会えるかどうかはある意味「運」でもあるのだけど、それで人生が変わってしまうかもしれないとても大切なポイントでもありますね。

だから、いいセラピストと悪いセラピストの見分け方について書いてみようと思うんだ…

あまり、他のセラピストのことを悪く言うのは好きじゃないんだけどね、ひどいな…と感じずにはおれないセラピストさんの話を聞くこともあるので、今日は書きますよ。

両者の一番大きな違いからお伝えしますね!

それは、喜びや可能性を引き出してくれるのか」それとも「怖れや不安を引き出してくるのか」ということ。

ここが一番大切ですよ。

セラピストにしても、治療家にしても、お医者さんにしても、カウンセラーにしても、ヒーラーにしてもここが一番の違いなんですよ。

ここが違えば、そのセラピスト自身の目的が違いゴールが違ってきますからね。

簡単に説明すると、喜びや可能性を引き出すタイプのセラピストあなたが元気になって可能性を見出し、あなたが自分の人生をいきいきと生きることが最大の目的となるんですね。

だから、そうなるように全力を尽くします。

一方、怖れや不安を引き出すタイプのセラピストは、あなたがセラピストに依存し、いつまでもセラピストのもとへ通い続けてくれることが最大の目的なんですよ。

この場合、セラピストには自覚がないことも多いですが依存という関係が出来上がってきますね。

まずは、大きく分けてこの2つのタイプのセラピストがいることをしっておいてくださいね!

当然、一流セラピスト喜びや可能性を引き出すタイプです

さらには、あなたが元気になって可能性を見出し、あなたが自分の人生をいきいきと生きることに喜びを感じるという特徴があるんですよね。

スポンサーリンク

恐れや不安を引き出すタイプのセラピスト

では、怖れや不安を引き出すタイプについて具体例を出しながらもう少しお話していきますね。

怖れや不安を引き出すってどういうことでしょう?

たとえば、

「肩と背中が本当に硬くてひどい状態ですね…このままだと大変なことになりますよ」


「今は大丈夫かもしれませんが…このまま放っておくとヘルニアになって歩けなくなりますよ」


「ズレが本当にひどい状態です。ズレたままだと痛みはどんどん悪化しますよ」

こんな感じでしょうか。

なんだか、どれも同じですね(笑)

でも、こんな感じです。

ひどいなぁと感じるんですが、実際に言っちゃってるセラピストは多いんですよね。

正直なところ、お医者さんがそういうことを言ったという話は本当によく聞きます。

で、こういったセリフの何が問題かというと、怖れを引き出しているということ。

そうだとは思いませんか?

「あなた、このままだと歩けなくなります」

こう言われて気持ちのよい人はいませんよね?

むしろ、それを言ったのが権威のある人だったり、それなりに信頼している相手であったら、、、不安になりませんか?

お先、真っ暗です。

私は、歩けなくなる…。

私は、がんになる…。

私は、糖尿病になる…。

「このままだと危険ですよ」という言葉によって、私はそうなる可能性が十分にあるというイメージが出来上がりますよね。

そのイメージによって不安は増大するんです。

不安が増大してしまえば、自分でその不安を処理することはできません。

どうしたらよいのか?

通うしかないですよね(笑)

このままでは危険だけど、通って整えればその不安がなくなりますよって言ってるんだから。

でもね、

でもね、

言っちゃうと、そう言われて治療院に通い続けて「本当によくなった」っていう人はあまり聞いたことがありません。

みなさん、ずーっと通い続けています。

お金がなくなってやめるか、通い続けるのか、のどっちかです。

で、「私、体が悪いんです」みたいなこといつまでも言っています。

なぜか?

その治療家、セラピストの目的があなたに通ってもらうことだからです。

完璧ですよね(笑)

それを自覚してやってる治療家やセラピストって少ないのかもしれません。

大抵は、経営するのに一生懸命でいつの間にか患者の怖れや不安を引き出すようになりますから。

いつの間にか…

喜びや可能性を引き出すタイプのセラピスト

じゃあ、いいセラピストは、というともっともっと可能性を引き出してくれます。

だって、あなたの喜ぶ姿がうれしいですから。

あなたが変わっていって、どんどん元気になる姿を見るのが喜びなんですね。

単純に、「人を喜ばせたい」「人の喜びが自分の喜びになる」、そんな思いでやってるセラピストは自然と喜びや可能性を引き出すセラピストになりますよ。

いいセラピストは使う言葉自体が違うんですね。

あなたが問題を抱えてやってきても、「その問題が解決したら、何をやりたいですか?」「どんなことに挑戦したいですか?」

あなたの夢や可能性を引き出してくれるに違いありません。

あなたは可能性に満ちているんですよ。

ぜひ、いいセラピストに出会ってくださいね。

素敵な出会いを楽しみましょう!

まとめ

・一流のセラピストには、喜びや可能性を引き出してくれ、あなたが元気になって可能性を見出し、自分の人生をいきいきと生きていくことに喜びを感じるという特徴がある。

・いいセラピストと悪いセラピストの違い

~いいセラピスト~

喜びや可能性を引き出すタイプのセラピスト

あなたが元気になって可能性を見出し、あなたが自分の人生をいきいきと生きることがその仕事をする目的となっている。

~悪いセラピスト~

怖れや不安を引き出すタイプのセラピスト

あなたがセラピストに依存し、いつまでもセラピストのもとへ通い続けてくれることがその仕事をする目的となっている。

また、このタイプのセラピストは相手を「依存」させてしまう。

もちろん、一流のセラピストであるためには他の要素も必要になるのでしょうが、今回は一番大切な根っこのお話をしました。

この根底が違えば、どんなに技術があったとしても相手を依存させるだけのセラピストになってしまうんですよね。

だから、もしも素晴らしいセラピストに出会いたいと思うのであれば、その根っこにある志をちゃんと見極めてくださいね。

ハッキリ言ってしまうと、いい志のあるセラピストであれば多少技術が未熟であってもあなたを必ず成長へと導いてくれますよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる魔法心理学の基礎がすべて学べる「はなまる魔法心理学テキスト」無料プレゼントはこちら

↓↓↓

はなまる魔法心理学テキスト無料プレゼント

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子どもたちに贈る「はなまる絵本」

3歳児の自己肯定感を育むおすすめ絵本「はなまるライオン」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする