人をコントロールする方法~宇宙の流れに乗る秘訣~

この記事はまだ読まないでくださいね

・・・

もう読んでもいいですか?

いつ読んだらいいですか?

そんな声が聞こえてきそうですが、、、

もう読んでいますよね(笑)

はい、嫌がらせかと思うような出だしでしたが、、、申し訳ありません。実はここに、人をコントロールする秘訣が隠されているんですよね。

スポンサーリンク

家はまだ買うな

2000年に「家はまだ買うな」というチラシ広告が出回ったことをご存知ですか?

このキャッチコピーを世に広めたのは、神田昌典さんを師事していた平秀信さん

「家はまだ買うな」のチラシによってインパクトを与え、そこに「失敗しない家作りの方法・小冊子を無料でプレゼント」という言葉を添えたんですね。

それを見た人は思わずチラシを手に取ってしまいます。

そして、気づけば小冊子が欲しくなってしまうというわけ。

当時、このチラシを実際に出した会社は軒並み成功したと言われているんですよ。

ビックリですよね。

今、全く同じことをやったとしても成功は難しいかもしれません。

でもね、そこにあるエッセンスは今も応用可能だと思いませんか?

メルマガで実験

そこで、僕は試してみたんですね。

自分のメルマガタイトルに

「このメルマガはまだ読まないでください」

とつけてみたんです。

メルマガの場合、届いたメルマガを実際にどれくらいの人が開いて読んだのか、という開封率を調べることができるんですね。

つまり、この開封率が「このメルマガはまだ読まないでください」というタイトルをつけた時に上がっていれば、「家はまだ買うな」のチラシのエッセンスは今でも通用するということ。

さて、その結果は、、、

なんと、メルマガタイトルに「このメルマガはまだ読まないでください」というタイトルをつけてみると普段のメルマガよりも20パーセントくらい開封率が上昇したんですよね。

明らかにメルマガを開いてしまう人が多かったのです。

なぜでしょう、、、??

「このメルマガをまだ読まないでください」と読まないことを求めているにも関わらず。

ネガティブコマンドと前提

「家はまだ買うな」

「このメルマガはまだ読まないでください」

実は、これらのメッセージにはそれぞれに2つのテクニックが入っているんですよ。

それが、「ネガティブコマンド」「前提」と呼ばれるもの。

ネガティブコマンドとは、否定形によって命令する催眠のテクニック

「これ、絶対に見ちゃいけないよ!」

「絶対に触らないでね!」

そう言われると不思議と見たくなる触りたくなる、アレですね!

男性であれば、

「覗かないでね!」

なんて言われると覗きたくなっちゃうのが男心、、、(笑)

人間って、否定形で言われると逆にそれをしたくなっちゃう生き物なんですよね。

そして、もう一つが「前提」

家はまだ買うな、の「まだ」にその秘密がありますよ。

「まだ」ということは、いずれは買うという前提でもありますよね。

「まだ」ですから。

買わないのではなく、いずれは買うという前提

この前提があるから、最終的に購入にいたるんですよ。

これが「前提」というテクニック!!

これら2つのテクニックによって、2000年はたくさんの方々が思わず家を買っちゃったんですね。

スポンサーリンク

人をコントロールするには

さて、「ネガティブコマンド」と「前提」という2つのテクニックをお伝えしたのですが、それによって何が言いたいのかというと、頭ではなく心、あるいは潜在意識と呼ばれるところに働きかけることが「人をコントロールする」上では必要だということなんですよ。

ちょっと考えてみましょうか。

「家はまだ買うな」とは、頭で考えるのであれば「家はまだ買わなくていい」ということですね。

ということは、人が頭で動く生き物であるならばそこから生まれる行動は「家を買わない」という行動であるはずなんですよね。

にもかかわらず、「家を買う」方向へと人が導かれてしまう、、、

なぜでしょう??

それは、人は頭では動かないからなんです。

頭ではなく心、あるいは潜在意識と呼ばれるようなところで動いてしまう生き物なんですよね。

そう、「家はまだ買うな」という言葉によって、心には「家を買え」というメッセージが届けられてしまっていたんですね。

人をコントロールする人というのは、この「心」を動かす方法を知っているのですよ。

*「人をコントロール」なんて言うと悪いイメージがあるかもしれませんが悪用は厳禁ですよ。いいことにつかってくださいね!

人をコントロールする方法

じゃあ、「心」を動かす方法って何だろう?

実はその方法はもう紹介しているんだよね。

上に出てきた「ネガティブコマンド」と「前提」というテクニックとしてご紹介した方法。

ただし、「ネガティブコマンド」に関しては数あるテクニックのうちの1つに過ぎない。

一方、「前提」というのは人の心をコントロールする上での基礎となるとても深いものなんだよ。

だから、この章では「前提」というものが、人の心をコントロールする上でとても大切だというお話をしようか。

「家はまだ買うな」の場合、「前提」が「(いずれは)買う」という前提になっている。

「前提」が「買う」ことになっているからこそ、人は「買う」ことになるんだよね。

ここに「前提」の秘密があるんだよ。

つまり、すでに「なって欲しい」ことが実現している前提で話をするということ。

ここが大切!!

むしろ、ここだけを覚えておけば大丈夫!!

すでに「なって欲しい」ことが実現している前提で話をするんですよ。

テクニックとは言ったけど、実現している前提で話することができるようになると自然とその前提のもと話をするようになってくるからね。

たったそれだけで「人は動く」ようになる。

今日の記事からどんなことを学びましたか?

こう言ったとしたら、今日の記事から学びがあるということが前提になっているんだね。

あなたは今回の記事を読んだことで、すでに心が変化し始めていることに気づいていますか?

こう言ったとしたら、変化が起きているということが前提になっているんだね。

いずれもポイントは、「なって欲しい」ことが実現している前提であなたが話をすること。

それを習慣づけるだけで、あなたの使う言葉が変わり、それを聞いた相手はいつの間にか心が動いてしまうんですよ。

「前提」について知ったあなたは、すでに心が動き始めていることにお気づきでしょうか?

宇宙の流れに乗る秘訣

ここまで読んでくださった方はもうお気づきかと思いますが、前提を身につけることは自分の「こうなって欲しい」と現実を一致させていくことだと言うこともできるんですよ。

だって、「こうなって欲しい」ことが現実になった前提でお話をしていくから、「こうなって欲しい」が現実になるようにまわりの人やさらには自分自身も動き出してしまうんですね。

そうして、気づけば、「なって欲しい」ことが「現実」のことになってしまっている。

これって、いわゆる「引き寄せ」でもありますね。

ここから言えることは、「前提」を身につけ人を上手にコントロールすることは宇宙の流れに乗ることでもあるってこと。

自分の心と現実との間の矛盾がなくなり、まさに宇宙の流れそのものですよね。

さあ、ここまでを読んだあなたはすでに宇宙の流れに乗り始めているのかもしれません。

まとめ

・人をコントロールする人は人の心を動かす方法を知っている

・人の心を動かすためには、すでに「なって欲しい」ことが実現している前提で話をすること

・「なって欲しい」ことが実現している前提で話をする人は、すべてが実現する方向に動き出すため宇宙の流れに乗っていくことができる

長々とお話しましたが、一番大切なポイントは「なって欲しい」ことが実現している前提で話をするということなんですね!

それを一言で言えば「自信」と言うことができるんじゃないでしょうか??

今回のブログからはどんな気づきがありましたか?

もうすでに心の奥底からは「自信」が湧き上がってきていることを感じているかもしれませんね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子どもたちに贈る「はなまる絵本」

3歳児の自己肯定感を育むおすすめ絵本「はなまるライオン」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする