自己肯定感が高い人ってどんな人?その特徴は?根本からの育て方

どうしてうちの子の

自己肯定感は低いのだろう??

どうしたら自己肯定感を

高めてあげられるのだろう??

自己肯定感という言葉を知った時

そんな思いは湧き上がりませんでしたか?

やっぱり我が子には、自信をもって

その子らしい魅力を

発揮して欲しいですもんね!

僕も父親をやっていますが

子どもに願うことは、

健康で毎日を楽しんで生きてもらいたい!

ってことだったりします。

さて、どうしたら我が子の

自己肯定感を高めてあげられるのでしょう?

まずは、自己肯定感について

知っていきましょう!!

今日の記事では

はなまる天使のハナちゃんと

テンちゃんが教えてくれるよ

スポンサーリンク



自己肯定感の高い人ってどんな人?その特徴は??

テンちゃん:

ねぇ、ねぇ、自己肯定感って何なの??

ハナちゃん:

自己肯定感ってね、字の通りの説明すれば、

「自己を肯定する感覚」ってことね。

自己を肯定するというのは、

自分を大切な存在であると

思うことができる、ということ

そして、ポイントは「感覚」って言うことね

自分を大切な存在であると

『感じる』ことができるのか

ということなのよ

つまり、私は大切な存在だ!!

と言い聞かせるのではなくって、

「私は大切な存在なんだなぁ」

と湧き上がってくるものを

しみじみ感じ取れる、ということ。

テンちゃん:

「私は大切な存在なんだなぁ」

としみじみ感じ取ること、

できているかなぁ??

ハナちゃん:

その湧き上がってくるものを

感じ取ることができると、

とっても幸せな気持ちになれるものよ

だから、しっかりと感じ取ってみて!

☆私は大切な存在なんだなぁ~☆

自己肯定感が高い状態は、

いつでもどんな時でも

「私は大切な存在なんだなぁ」

と心から感じることができる状態なの

逆に、自己肯定感が低い状態は、

「私は大切な存在なんだなぁ」

と感じることができない状態なのよ

自己肯定感が高い人とは、心の底から「私は大切な存在なんだなぁ」と感じることができる人。

ポジティブ思考な人=自己肯定感の高い人??

テンちゃん:

ねぇ、はなちゃん

自己肯定感を高めるためには、

やっぱりポジティブ思考になることが

大切なんだよね?

ハナちゃん:

ポジティブ思考は大切ね

でも、ポジティブ思考=自己肯定感が高い

というわけではないのよ

さっき、自己肯定感は

「私は大切な存在なんだなぁ」

感じる感覚だと言ったわね。

じゃあ、ポジティブで、

いつも「私はできる!」「私はすごい!」

「私は優秀だ!」と言っている人が

自己肯定感が高いかといったら、

そんなことはないの

「私はできる!」といつも言っている人は、

結果を求めすぎてしまっている場合があるから

結果を求めすぎてしまうと、

その結果が出せなかったときや、

できるはずのことができなかったとき、

逆に自己否定感

湧き上がってくることがあるのよ。

自己否定感って、

「私はダメ」って自己を否定する感覚

スポーツであれば、

ゲームに負けてしまったとき、

「私はダメだ、、、」

「なんであそこでミスしちゃったんだ、、、」

って負けた自分への否定が生まれるし、

ミスをしたならばミスをした自分への

否定が生まれてしまう。

そうなってしまうと、

そこにあるのは自己肯定感ではなく、

自己否定感なのよね。

時に、一見するとポジティブな人ほど、

ダメだった時の自己否定感

強いってこともありうるのよ。

テンちゃん:

へぇ~、そうなんだね!

ポジティブ思考が

自己肯定感が高いってわけではないんだね!

ポジティブ思考が自己肯定感が高いわけではない!!

一見、ポジティブな人は「私はダメだ」という自己否定感が強いことがある!!

自己肯定感が高い人はすべてまるごと受け入れる人

テンちゃん:

じゃあさ、自己肯定感と

ポジティブ思考が別ならば、

本当に自己肯定感が高い人って、

どんな人なの??

ハナちゃん:

それは、

すべてをまるごと受け入れる人

人って、時には失敗してしまうものなの

勝つこともあれば、

負けることもあるものなの

だから、成功したか失敗したか、

勝ったか負けたか、

結果だけで自己肯定感が決まるとしたら、

それはとても不安定なものになるわ

本当に自己肯定感が高い人は、

その結果に振り回されないの

勝っても負けても、成功しても失敗しても、

「私は大切な存在なんだなぁ」と思える人

そういう人が本当に自己肯定感の高い人

じゃあ、そうなるためには何が必要かと言ったら、

どんな結果であれ、どんな状況であれ、

すべてをまるごと受け入れることなの。

例え負けてしまったとしても、

その負けを受け入れ、

勝った人の素晴らしさを

心の底から讃えることができる。

逆に、勝ったとしても、

その価値を受け入れ、

負けた人がいたからこそ、

戦ってくれた人がいるからこそ、

勝つことができたと思える。

そうやって、結果に関係なく受け入れる人は、

いつでも「私は大切な存在なんだなぁ」

と思えるものよ

なぜなら、いつでも

喜びを感じることができるから

負けたとしても、

戦う相手がいたことに喜びを感じる

できなかったとしても、

挑戦したことに喜びを感じる

失敗したとしても、

失敗という経験を重ねたことに

喜びを感じる

何が起ころうとも喜びを感じるから、

そういう人はいつでも

う人生を楽しむことができるのよ

その結果、幸せに生きる自分に

価値を感じるようになるの

「私は大切な存在なんだなぁ」って

テンちゃん:

そうなんだね

すべてをまるごと受け入れるって大切なんだね!

すべてをまるごと受け入れることのできる人は、結果に関係なく、その経験に喜びを感じるからこそ、いつでも「私は大切な存在なんだなぁ」と感じることができる

つまり、自己肯定感が高い人の特徴は、すべてをまるごと受け入れることができ、いつでも自分のことを「大切な存在なんだ」と感じているということ。

スポンサーリンク



自己肯定感を高めるための3つのステップ

テンちゃん:

じゃあ、具体的にはどうやって、

自己肯定感を高めていったらよいのだろう??

ハナちゃん:

自己肯定感を高めるためには、

次の3つのステップを知っておくといいわよ

自己肯定感を高めるための3つのステップ

1、自己受容

2、自己承認

3、自己肯定

実は自己肯定感って、

自己受容自己承認の土台の上に

成り立っているの

これを木で表すと、

根っこが自己受容、幹と枝が自己承認

葉や花が自己肯定、と表すことができるわ

1、自己受容

まず大切なことは「自己受容」

ここが自己肯定感の根にあたるから。

でも、ここさえできていれば、

自己承認も自己肯定も

できるようになるということ。

自己受容というのは、

すべてをジャッジすることなく

まるごと受け入れるということ。

すべてを「受け入れる」と言うと、

難しいと感じるかもしれないわね。

そこで私がおすすめしているのは、

「とりあえずはなまるつける」

ということ

ジャッジすることなく受け入れるわけだから、

すべてに「とりあえずはなまる」

つけてみるの

「とりあえず」なんて言うと、

マイナス言葉のように感じるかもしれないけど、

「どうせ私ははなまるの存在なんだから」

「とりあえずはなまる」

そうして「あぁ、こんな私も

はなまるの存在なんだなぁ」って、

少しずつ、すべての存在がはなまるなんだ、

と思えるようになって、いつしか本当に

受け入れられているものなのよ

☆あなたは完璧なはなまるの存在だから☆

2、自己承認

つづいて「自己承認」

自己受容ができていれば、

ここは楽にできるわ

私が女だとしたら

自己受容は、性別に関係なく、

「私ははなまるの存在なんだ」と

その「いのち」そのものを受け入れること。

自己承認は、私が女であることについて、

「私は女だ」とそのままを認めていくこと

私は女性として生まれてきたんだ、、

って

そのままを認識することで、

その事実への親しみがわき、

存在に対して肯定的な感情が

湧き上がる土台ができるのよ

3、自己肯定

そして「自己肯定」

ここまでの「自己受容」

「自己承認」ができていれば、

実はこの「自己肯定」というのは

自然とできるもの

さきほどの「自己承認」の例の

「私は女だ」に対して、

自己肯定はさらに

「私は女性として生まれてきて、よかったなぁ」

とその事実をさらに、肯定していくこと。

どうして私は

女性として生まれてきてしまったのだろう

なんて思わないのは

自分の存在を受け入れ

自分が女性であることを

認めているからこそ

すでに受け入れているから

自然とそう思えるのよ

ここまでの3つのステップが大切なの

しっかり湧き上がる感覚にするためには、

自己受容自己承認自己肯定

と根っこからちゃんと育てていくこと

そうすると、「自己肯定感」を

心の底から湧き上がるものに

することができるのよ

自己肯定感を高めるためには、自己をポジティブに肯定することばかり考えず、自己受容自己承認自己肯定と3つのステップを意識して、根っこから肯定感を育て上げていくことが大切!!

つまり、自己肯定感とは、自己を肯定しようとする表面的な意識ではなく、もっと奥底から湧き上がってくる自己を肯定する感覚であるということ。

一歩一歩が大切!

一緒に自己肯定感を育んでいこう!!

スポンサーリンク



あなたははなまるな価値ある存在だから

コメント

  1. らんらん より:

    正に、ピッタリ( ̄□ ̄;)!!
    結論から言いましたが、私がずっと広めたいこと…イメージとピッタリでした。私は
    子供に、絵&心理の教室を作り分かりやすく広めたいなぁと、夢がありました。ですが、方法がわからず1歩、踏み出せずでした。
    沢山のセミナーに行ったり、資格を取ったり…でも、何だかんだ踏み出せず…でした。
    私のもうひとつの夢は、こんな風に 絵本作家になることです✨ 全てが私がしたいことをされてるんだなぁと、嬉しくあり、ワクワクしました✨ 

    • hanamaru870 より:

      コメントありがとうございます\(^o^)/
      素敵な夢ですね!!
      その夢、ぜひ、叶えちゃいましょう!!
      できますよ。必ず!

      僕は、何にもできないので、みんなにお願いしました!そしたら、ネットのやり方を教えてくれる人が現れ、絵を描く人が現れ、写真撮ってくれる人が現れ、応援してくれる人が現れ、歌う人が現れ、演奏してくれる人も現れました。

      才能がないから才能ある人が集まって、1つひとつが形になって、さらにまた、新しいものが生まれようとしています。

      こうして今は、やりたいことはなんでもできるんだと感じています!!
      才能ないことが才能だったんですよね!

      僕にもできるんだから、らんらんさんもできますよ!!

      • らんらん より:

        らんらんです❗とても励まされ、私でも出来る気がしてきました✨そうです❗私は方法がわからず、1人でやろうとしてたのです。人を頼ろうと、してなかったのだと気がつきました❗ 私も、ブログを少しづつ初めて見ようと思います✨  とても素敵なブログだと思います✨見ててワクワクしました✨これからも素敵なブログ読ませてもらいます✨それと、今日募集されてた物語作り…応募しようと頭でぐるぐる作品がいっぱいです✨とても空想が楽しいです✨出来ましたら、コメントより らんらんで出します✨ 楽しい応募、ありがとうございます✨

        • hanamaru870 より:

          はい!!動き出していきましょう!!そして、楽しんでいきましょう!!物語づくりはトノちゃんの方ですね!トノちゃんは絵を描いてくれた方。僕は物語をつくっている人です。僕が描けないので、トノちゃんが描いてくれました。どうぞよろしくお願いします!ご縁に感謝してます!で、今回の物語づくりはトノちゃんが募集してました!

          • らんらん より:

            こういう風に、沢山の人が同じワクワクを形にする…✨素敵だ~
            今までその発想が何故かなかったです。
            はなまるさんの文章は凄く分かりやすく、暖かな気持ちになります。✨ 

            私は子供達に、絵と、心理を上手く分かりやすく伝える教室がしたいのです。理由は、沢山の悩み、息苦しさ、不登校…(うちの子も過去なりました。) 小さなうちから、自分で生きる練習、少しでも理解が出来れば大人になっての生き方が違うと思ったからです。少しでも、楽しく一番は自分を好きになってくれる(自己肯定感)教室を開きたい。ずっとそう思ってました。その親も又、無意識に自己肯定感が低い人が多いのにも気がつきました。その矛先が子供への期待、として出る事がとても多い事も。 ママの為の教室と、子供の教室…親子で 自分が好きになる… こんな素晴らしい教室が出来れば、幸せな家族が増えてそれぞれが輝いてこれからの人生を生きて…その輪が広がったら… 私は幸せだなぁ✨嬉しいなぁ✨と(*´∀`*)

            私は普通の主婦、チラシも作れない…パソコンも苦手…、場所は??、イメージは沢山あるのにどうやって進めば良いのか 本を沢山読んだりセミナーにも沢山行きました。でも、1歩が進めず…。 

            はなまるさんの、人の協力は全く考えてませんでした。 だから目から鱗でした✨✨❗( ̄□ ̄;)!!   

            必ずやっていこうと思います❗ そこで
            教室をする際に はなまるさんのブログを参考に教室でママ達や子供達に使っても良いですか?✨(*´∀`*)
            何だか本当に私は出来ると思ってきました❗(≧▽≦)

          • hanamaru870 より:

            できますよ!
            応援してます。
            そのためには、目の前のことから1つひとつ丁寧に進めていきましょう!
            必ずできます!!