ペップトークとはアメリカスポーツ界で磨き上げられた魂の言霊

近年、言霊の力を本当に高めてきたのはアメリカだったかもしれません。

そう、残念ながら、古代には言霊を大切にしてきたわが国日本は近年になるとその素晴らしい力を忘れていたかもしれないのです。

それはスポーツの世界を見渡してみるとよくわかりますよ。

どうしてアメリカがあんなにもスポーツが強いのか知っていますか??

人口が多いからでしょうか?

お金があるからでしょうか?

それも間違いではありません。

でもね、実は、言霊の力を使っていたからでもあるんですよ。

え?!アメリカが言霊の力を??

そうなんです。

もちろん、「言霊」という言葉を使っているわけではありません。

でもね、古代日本人が言霊の力を知って使いこなしていたように、アメリカスポーツ界では言葉の力が知られ、その言葉を古代日本人の言霊のように大切に扱ってきたんですよ。

スポンサーリンク

アメリカのスポーツ界における強さの秘密

アメリカのスポーツ界では、試合前日、監督が寝る間も惜しんでスピーチを考えることがあります。

なんのために??

それはもちろん、勝つために!!

アメリカでは試合直前、監督が選手たちに向けて1分間ほどのとても短いスピーチをすることが定番となっているんですね。

この1分間のスピーチが、実はものすごく重要でこのスピーチの良し悪しで勝ち負けが決まってしまうことだってあるんですよ。

まさか!?

そう思うかもしれません。

でもね、本当なんです。

なぜ、たった1分間のスピーチが試合結果さえも左右するかと言えば、このショートスピーチによって選手たちのモチベーションが左右されてしまうから

そう、魂のこもった最高のショートスピーチは選手たちの心に真っ赤な火をつけ、モチベーションの炎を燃えたぎらせます!

選手たちの心は燃え、チームは一致団結!!ものすごいエネルギーが湧き上がってくるんです!!

当然、チームメンバー全員の心に火がつき、ひとつになったチームは強いんですよ!!

こうしてチームをまとめ上げてくれるのが、まさに1分間のスピーチであり、研ぎ澄まされた言葉なんですね。

この、たった1分間で選手たちの心に火をつける激励のショートスピーチをペップトークと呼びます。

アメリカはこのペップトークと呼ばれる言葉の力を心理学などと結びつけてしっかりと研究し、現場にいる監督たちはその最先端の言葉のスキルを徹底して磨き上げてきました。

この差が、実は他の国との圧倒的な差を生んでいる、ということなんですね。

では、日本はどうなのでしょう??

日本のスポーツ界の現状

最近になってようやく日本のスポーツ界も変わってきているのですが、これまでの日本を考えてみると、言霊の力を磨き上げてきたとは決して言うことはできない状況なんですよね。

イメージしてみましょう。

例えば、少年野球。

監督たちってどんなイメージでしょうか??

バカ野郎!!

何やってんだ!!お前は!!

ミスするなよ!!

そんなんだったらやめちまえ!!

グラウンド走ってこい!!

声を荒げて怒鳴っているようなイメージ、ありませんか??

さあ、怒鳴られてモチベーションはあがりますか??

はい!!やる気が湧き上がってきます!!

という方は相当なドMかもしれません(笑)

でも、仮に怒鳴られてやる気が湧き上がるにしても、そのモチベーションって恐怖から生まれていたりしませんか?

そう、監督に怒られないように次はしっかりやろう!

実は恐怖からのモチベーションでは良いパフォーマンスって発揮できないんですよ。

なんというか、その恐怖で体が委縮してしまってのびのびとした動きはできなくなってしまうんですね。

しかも、目的が「監督に怒られないようにしっかりやろう」だから、勝つことは目的ではなくなっているんですよね。

高校野球のメンタルの指導をされている方にこんなお話を聞いたことがあります。

最近の高校野球は実力はどこの学校もしっかりと磨き上げているからそこまでの大きな差というのはないんだ。

特に決勝レベルとなると実力の差はほとんどない。

じゃあ、何が勝ち負けの決め手になるかといったら、監督だ。

監督が怒鳴っているところは、選手たちの目的が「監督に怒られないように」というところにあるから最後の最後で負けてしまう。

一方、監督が選手たちのモチベーションを上手に高めているところは、選手たちの目的が純粋に「チームのみんなで試合に勝つこと」にあるから最後の最後まで力を発揮し、勝つことができる。

ということなんですよね。

日本も少しずつ変わり始めていて、言葉の力を意識し始めた監督のいる学校が頭角を確実に現しはじめているんですね。

でも、まだまだ怒鳴っている監督が多いのが日本の現状なんですよ。

ここが、近年、言霊の力を本当に高めてきたのは日本ではなくアメリカだと言った理由です。

少なくともスポーツの世界を見る限り、言葉の力をうまく活用しているのはアメリカなんですね。

スポンサーリンク

 言霊の力を高め、その効果を最大限に引き出すペップトーク

さあ、アメリカスポーツ界で磨き上げられてきたペップトークってどんな言霊なんでしょうか??

ペップトークとは、短く、わかりやすく、一瞬にして人の魂に火をつける激励のスピーチのこと。

まさに、このスピーチを磨きあげてきたのがアメリカスポーツ界の監督たち。

優れたペップトークは一瞬にして選手たちのモチベーションを引き出してくれますよ。

そして、このペップトークを磨き上げている監督たちは普段の使う言葉から違ってきます。

当然ですよね。

なぜなら、言霊の力を知っているから。

どんな言葉を使うかと言ったら、先ほど例にあげた日本の少年野球の監督のイメージと並べてみるとわかりやすいかもしれません。

*きっと、素晴らしい言葉を使っている監督も増えてきているとは思うのですが、わかりやすくするために少年野球の監督を例にあげています。すみません。

多くの日本の少年野球の監督はこんな言葉を使いますね。

ミスするなよ!!

負けたらグラウンド走らせるぞ!!

何やってんだ!!手を抜くな!!

特徴は、一言で言うと「否定的」なんですね。

一方、ペップトークを知っている監督であればこんな言葉を使います。

楽しんでいこう!!

今日までやってきたことを信じて、全力を出し切っていこう!!

君ならできる!!まだまだいけるぞ!!

そう、わかりやすく言うと「肯定的」なんですね!!

ペップトークは基本、「肯定的」であるということ。

これ、とっても大切なポイントなんですよ。

今日はこの「肯定的」であるということをもっと掘り下げてみよう!!

脳は否定語をうまく理解できない??

ペップトークは肯定的な言葉がけなんですよね。

これに対して、否定的な言葉がけをプッペトークと言うんですよ。

どうして、否定的ではなく肯定的である必要があるのでしょう??

それはね、否定語というものを脳がうまく理解できないからなんです。

脳は否定語をうまく理解できない??

一体、どういうことなんでしょう??

例えば、梅干しを、、、、

想像しないでください。

と言った場合、梅干しを想像しないことはできましたか??

きっと、梅干しを想像しちゃいましたよね(笑)

これ、意地悪をしたわけではないんですよ。

脳は否定語をうまく理解できない、ということを体感してもらったんですよ。

梅干しを想像しちゃったんですよね。

それって、否定語があるにも関わらずイメージしちゃったってこと。

つまり、脳は否定語をうまく理解できなかったんですよね。

これ、重要なポイントですよ。

ちょっと違う説明するとね、日本語って「してほしくないこと+否定語」で成り立っているから、否定形の言葉を使うと「してほしくないこと」を脳はイメージしてしまうんですよ。

で、人って、イメージに向かって動いて行っちゃうものだから、ついつい「してほしくない」ことをしちゃうんだよね。

例えば、こんな経験ないだろうか??

この箱、絶対に開かないでね。

と言って、その箱の持ち主が部屋を出ていきました。

その部屋に残されたあなたは、、、

無性にその箱を開けたくなってしまっている(笑)

そんな経験ありませんか??

男子であれば、「覗かないでね」と言われて無性に覗きたくなってしまった経験とか(笑)

不思議ですが、人って「これをしないでね」と言われるとしたくなっちゃうんですよね。

これがまさに、脳は否定語をうまく理解できないってこと。

否定語を無視して思わずそれをしたくなってしまうのです(笑)

さあ、この否定語である「プッペトーク」と肯定語である「ペップトーク」はとても重要なポイントですので、いくつか例を出していきましょうか!!

プッペトークとペップトークの具体例

グラスを運ぶウエイターさん

プッペトーク:こぼさないでね!

ペップトーク:落ち着いて運ぼう!

レストランの新人ウエイターがグラスを危なっかしく運んでいる。

これを見て、なんと声をかけるだろうか??

こぼさないでね!!なんて言うと、不思議とこぼしちゃうのが人間なんだよね。

こう言ったほうがいいんだよ。落ち着いて運ぼう!!

学校の廊下を走る子ども

プッペトーク:廊下を走るな!!

ペップトーク:廊下はゆっくり歩こう!!

学校の廊下を全力で走っていく子どもがいる。

これを見て、なんと声をかけるだろうか??

廊下を走るな!!と怒鳴ったら、子どもはさらに全力で走り去っていってしまった。

こう言ったほうがいいんだよ。廊下はゆっくり歩こう!!

男子のお手洗い

プッペトーク:汚すな!!

ペップトーク:一歩前に

男子の小便器。以前はこう書いてあることが多かったんだ。

汚すな!!

でも、そのまわりを見てみると汚れてしまっている。

最近は張り紙の言葉が変わってきたんだよね。

一歩前に。そう書いてあったりするんだ。

不思議なもので、「一歩前に」だと思わず足を前に踏み出してしまうんだよね。

さらに、最近はこう書いてあるところも多いよね。

「きれいにお使いいただきありがとうございます」

薄着で外に出かける子ども

プッペトーク:風邪ひかないように

ペップトーク:温かくしていこうね

薄着で外に出かける子どもにこう声をかけていないだろうか?

風邪ひかないようにね。

これ、親切なようで実は子どもに「風邪をひく」イメージを抱かせてしまうんだよ。

こう言おう!  

温かくしていこうね。

そう言って、上着を渡しておいたらいいんだよ。

あとは自分で調整するからさ

スポーツの現場で

さあ、いくつかわかりやすい例を並べたけど、スポーツの世界でもプッペを使っちゃうことが多いんだね。

こう言っていないだろうか??

負けるなよ!!

さぼるな!!

手を抜くな!!

ミスするなよ!!

逃げるなよ!!

高めはうつな!!

目をつむるな!!

怖がるな!!

弱気になるな!!

これ全部、脳は全く望んでいないことをイメージしちゃうんだよね。

負けちゃう!

さぼる、、、

手を抜く、、、

ミスしちゃう!

逃げる、、、

高め打つ、、、

目をつむる、、、

怖い!

弱気、、、

そう、望んでもいないのに脳はこんなイメージを浮かべ始めるんだ。

で、不思議とそのイメージに向かい始めちゃうってわけ。

まさにこれらはプッペトークだよね。

じゃあ、どう言ったらいいのかと言ったら、

勝てるぞ!!

気合入れてこう!!

集中していこう!!

落ち着いていこう!!

大丈夫だ!!

低めの球を狙っていこう!!

よく見るんだ!!

安心しろよ!!

君ならできる!!

こんな風にして言っていくんだよ。

これがペップトーク!!

もちろん、これが正解というものはないのだけど、ポイントは肯定的で、何よりもポジティブなイメージが自然と湧き上がる言葉であること。

これがポイントなんだ。

さあ、ペップトークプッペトーク、イメージはできてきただろうか?

ぜひぜひ、意識してペップな言葉を使ってみてくださいね!!

今日から君もペップトーカー!!

まとめ

・近年は、アメリカで言霊の力が磨かれていた。

・近年、日本は言霊の力を忘れ、否定的な言葉ばかりを使うようになっていた。

・脳は否定語をうまく理解できない

・ペップトークは肯定的な言葉

・プッペトークは否定的な言葉

・肯定的な言葉は「してほしい」ことをそのままイメージさせることができるからこそ言霊としての力を発揮することができる。

<ペップトーク関連記事>

子育てをする中でイライラしちゃったり心が不安定になってしまうことってあるよね。でもさ、子育てってはじめてのことばかりだから心が不安定になってしまうのも仕方がないと思うんだ。だから今回は、そんな心の状態にあるお母さんへの応援メッセージだよ。大丈夫。
誰かまわりの人に対して、あるいは自分自身に対して元気づけるような言葉を贈りたいと思ったことはありませんか?ペップトークは一瞬で人を元気づけ、やる気を引き出してくれる言葉がけ。それは子育てにも役立つものなんですよ。
ペップトークって知っていますか?ペップトークは自分やまわりの人の心に火をつけることのできる激励のショートスピーチであり魂の言葉がけ。この言葉を身につけることができれば自分もまわりの人もグングン元気になっていきますよ!
ありがとうの言葉には本当に力があるんだよね。時にありがとうの言葉は細胞すら変えるんだ。ところで、どうしてありがとうの言葉にはそんな力が秘められているのだろうか?その秘密を解き明かしていきたいと思うよ。ありがとうの秘密はね、、、
どうしてあいつはミスばっかりするんだ。しかも、こんなにもミスするな!!って口うるさく言っているのに同じミスを何度も繰り返すんだ。あいつは仕事を辞めさせたほうがいいのか??それは、、、ちょっと待ってください。その指摘の言葉に問題があるかもしれません。
いってきます!いってらっしゃい!!この短い言葉に秘められた素晴らしい意味を知っているだろうか?言葉には歴史が刻まれているんだよ。だからこそ、言霊と呼ばれるような力を帯びていくんだ。言葉の力を知ったら、子どもにその力を伝えたくなるかもしれない。

<無料>言葉の力で朝のスイッチを入れるはなまるプログラム

たった1日30秒、毎朝届けられるその日のあなたに最適なメッセージを読み続けるだけで、幸せな毎日を生きることができる「はなまる思考」に切り替わる100日間のプログラム。

登録はこちらから(無料で登録できるよ!)

幸せに生きたい!とは思っても、なかなか幸せには生きられなかったりする、、、。なぜだろう??そんな時は言葉との出会いが必要かもしれません。いい言葉との出会いが人生のターニングポイントになるんです。心温まる言葉と出会ってみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

僕自身もペップトークの普及に関わっています!

~ペップトーク普及協会講演講師・三森茂希~

ペップトークを学ぶなら

↓↓↓

日本ペップトーク普及協会ホームページ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子どもたちに贈る「はなまる絵本」

3歳児の自己肯定感を育むおすすめ絵本「はなまるライオン」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はなまる・みっつ自己紹介

ペップトーク普及協会講演講師

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする